NEW
芸能・エンタメ

クロちゃん、美女「お持ち帰り」の一部始終…巧妙な“クズ手口”

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クロちゃんの公式Twitterより

「平気でウソをつく」「二股は当たり前」――。人として最低な性格も、芸人にとっては一種の才能なのかもしれない。

 お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんが、ここ最近“クズキャラ”で注目を集め、ついには初エッセイ本『クロか、シロか。クロちゃんの流儀』(PARCO出版)が出版されるなど、40歳を超えて大ブレイク中だ。

 クロちゃんの“クズぶり”が広く知られるようになったのは、バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』(TBS系)がきっかけ。番組では「モンスターハウス」と題する恋愛リアリティ企画を放送。クロちゃんと、イケメン男性、美女の合計6人が一軒家でシェアハウスをし、その模様を追いかけるという『テラスハウス』(フジテレビ系)のパロディーなのだが、そこで見せたクロちゃんの人間性が、視聴者の度肝を抜いた。

 クロちゃんは女性に二股をかけ、第三者には意気揚々と「めっちゃ僕モテてたでしょ?」と自慢げに語り、上から目線で女性を“値踏み”するかのような発言を繰り返す姿に、インターネット上では「本気で吐きそう」などと非難の声が噴出したのだ。

 さらに、日頃から空気を吸うがごとくウソをついていることも発覚。別の番組内で医師から減量するようにきつく言い渡され、ツイッターで「これから歩いて帰宅だしん」などと独特の口調で「ダイエットに励むボク」をアピールしていたが、実際には頻繁にタクシーに乗る姿をカメラにとらえられていた。

 そのため、たとえば「10月25日は3万歩オーバー。よく歩いたしんよー。ハーフマラソン以上の距離だしん!」というクロちゃんのツイートに対し、フォロワーからは次のようなコメントが寄せられていた。

「徒歩20分で1キロとして400分(6時間40分) これはうそですよね」

「ハーフマラソン以上のタクシー移動距離、ご苦労様でした」

お散歩作戦

 だが、以前クロちゃんを追跡取材したという週刊誌記者は、「3万歩オーバー」というツイートについて「100%嘘とは、いえないかもしれない」と語る。

関連記事