安倍政権、桜を見る会問題&IR汚職でも絶対的安泰に…野党、合流失敗で存在意義なしの画像1
ラグビーワールドカップ 日本vsロシア 日本代表のジャージに身を包んだ(左から)麻生太郎副首相、萩生田光一文部科学大臣、安倍晋三首相(写真:日刊現代/アフロ)

 立憲民主党と国民民主党の合流協議が難航している。1月20日に召集される通常国会までに結論が出るとみられてきたが、10日の党首会談で合意に至らず、会談後、立憲民主の枝野幸男代表は、「それぞれの党内協議に付すことで一致した」と語るにとどめた。相変わらずのグダグダに、「旧民主党以来の『決められない政治』が続いている」と揶揄される始末だ。

 ここまで引っ張っている原因は、国民民主が立憲民主のスタンスを読み違えたことにある。立憲民主は「吸収合併」、国民民主は「対等合併」を主張しているとされるが、両党間には支持率で大きな差があり、立憲民主に国民民主が事実上吸収されるのは仕方がない状況。とはいえ、国民民主の玉木雄一郎代表は、新党ともいえるような緩やかな合流が可能で、党名も変更するものだと思っていた。

 ところが、立憲民主は頑なだった。枝野氏は年明けの1月5日、島根県の出雲大社を参拝後、記者団に対し「新党をつくるつもりは100%ない」と明言。表立ってのこの発言は決定打だった。

 枝野氏は昨年12月6日に国民民主や社民党に対し党の合併を呼びかけた際、「合流」や「吸収」などの言葉を避けて「立憲民主党とともに行動してほしい」という文言を使い、合流後の党名などに柔軟性があるのかと見られた。枝野氏が硬化したのには、立憲民主の“影のドン”の存在がある。

「立憲民主は枝野党。枝野さんが決めたことには福山哲郎幹事長以下、執行部でさえ誰も文句が言えない。2017年の総選挙で、小池百合子氏の『希望の党』から排除された人たちがつくった政党であり、あの時、枝野さんが立ち上がらなければ、現在所属する議員たちは救われていなかった。そんななかで枝野さんが唯一といっていいほど気を遣っているのが赤松広隆衆議院副議長。その赤松さんが強硬で、国民民主に対しては『こっちに入りたいのなら、頭下げたら入れてやる』みたいな考えなのです」(立憲民主関係者)

71歳の“ドン”に牛耳られる野党

 赤松氏は、枝野氏が国民民主に合併を呼びかける直前の昨年11月下旬、自らが主催する政策グループ「サンクチュアリ」の会合で、党同士の統合に否定的な見解を示すこんな発言をしていたという。

「昔の民主党に戻るだけという批判を呼ぶようなことはすべきではない。初心を貫いて我が道を行くという枝野代表の本来の路線を維持すべきだ」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ