島田紳助が芸能界復帰?黒い交際で引退の“しゃべりの天才”YouTube電撃出演のワケの画像1
2020年1月13日にYouTube上に公開された動画より。正式タイトルは「【神回】misonoの為に!?島田紳助さんが特別に出演して下さいました…〜復帰ではありません〜前編【ヘキサゴン】」となっている。

 2011年8月に、暴力団との“黒い交際”を理由に芸能界を引退した島田紳助。以来8年半もの間、週刊誌の突撃インタビューなどにまれに応えることはあっても、みずからメディアに出ることはほとんどなかった彼。ところがこの1月13日、タレントmisonoのYouTubeチャンネル『misonoチャンネル』に突如として出演、アップロードされた動画は「前編」と銘打たれており、今後、後編の公開もひかえているものと思われる。

 スポーツ紙やネットメディアは“しゃべくりの天才”の帰還を大きく取り上げているが、果たして紳助氏の真意やいかに? ある放送作家は次のように分析する。

「紳助さんはことの経緯を、misonoや山田親太朗と飲んでいたら『ユーチューブ撮ろうや』という話になった……と動画内で語っていましたが、彼はそんなノリだけでこんなことはやらないはず。彼が最も言いたかったのは、木下優樹菜とフジモンさん(藤本敏史)が離婚したことに対するエールでしょうね。『ヘキサゴン』(『クイズ!ヘキサゴンII』)出演を契機に出会い、結婚までこぎつけたふたりですが、紳助さんがふたりの仲を取り持ったというのは有名な話。“ヘキサゴンメンバー”ではほかにも矢口真里やスザンヌなど離婚した者がいるため、『不幸率8割ぐらいや』とネタにしつつも、かつての共演者にエールを送るという意味合いが強かったんだと思います。

 しかし、彼のしゃべくりはまだ衰えてないというか、ヘキサゴンメンバーの不幸な現状をイジりつつも、しっかりと笑いに変えていくところはさすが。8年半のブランクをまったく感じさせないトークは、お見事としかいいようがなかったですね」

島田紳助が“素人ユーチューバー”に?

 引退後、「週刊文春」(文藝春秋)の直撃インタビューに答えたり、最近でも闇営業問題に際して「週刊文春デジタル」にて「“芸人プロテスト構想”を吉本興業側に提案していた」ことを明らかにするなど、散発的にメディアに出演し、かつてのご意見番ぶりを見せつけることもあるが……。

「引退して悠々自適なセカンドライフを送っているように見えても、やはり“古巣”のことが気がかりで、どうしても意見を言いたくなってしまうんでしょうね。闇営業問題の際には宮迫さんとの仲の良さをアピールし、『絶対にやめんな。引退したらあかん。偉くなってからもっぺん喧嘩せい』と励ましたことまで明らかにしていましたが、思ってたより世間には広まらなかった印象があり、やはり『紳助さんは過去の人』という印象はぬぐえません。

 今回、引退して8年半たって初めて紳助さんの肉声を聞けたわけですけど、今回のほうが圧倒的に訴求力があった。それはご本人も気づくでしょうから、今後も動画出演は続けていきそうですし、なんならご本人が主宰する可能性もありますよね。紳助さんのしゃべりを聞きたい人がいまだに多いのは事実。最強の“素人ユーチューバー”が誕生するというのも、あり得るかもしれませんね」(同)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ