NEW
小林敦志「自動車大激変!」

トヨタ・ライズ&RAV4が圧巻の人気…トヨタのユーザー囲い込み戦略が本格化?

文=小林敦志/フリー編集記者
【この記事のキーワード】

, , , ,

トヨタ・ライズ&RAV4が圧巻の人気…トヨタのユーザー囲い込み戦略が本格化?の画像1
トヨタの「ライズ」(「トヨタ ライズ | トヨタ自動車WEBサイト」より)

 自販連(日本自動車販売協会連合会)、そして全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2019年12月の通称名(車名)別販売台数統計が発表となった。それと同時に、19暦年締め(19年1月から12月)の年間販売台数も発表されている。

 19年12月単月、そして19暦年締めの各ランキングの注目は、トヨタ自動車の「ライズ」であろう。19年12月単月では9117台で登録車のみのランキングで2位、そして19年暦年では1万6601台で40位となっている。12月単月はともかく、暦年締め40位はそんなに注目に値しないのでは? と思われるかもしれないが、ライズは19年11月にデビューしているので、19暦年のなかでフルでの販売月となったのは12月だけなのである。発売2カ月もたたずに1万6601台(月販平均約8300台)を販売したので、現段階では大ヒットモデルといってもいいだろう。

 ちなみに、トヨタの発表では19年11月5日の発売から1カ月時点での累計受注台数は約3万2000台となっている。さらに、月販目標台数は4100台となっているので、現時点で公表されている単月販売統計を見ると、平均販売台数ベースでダブルスコア以上のペースで販売(当該月登録ベース)が進んでいることになる。

 人気の背景にあるのは、やはり5ナンバーサイズのコンパクトなボディだろう。販売現場で聞くと、販売価格が高めなのが気になるというので、ウェブサイトで人気ナンバー1とされているG(2WD)に、ディーラーオプションのカーナビ、ETC2.0、フロアマットなど必要最低限のオプションを装着して試算すると、支払い総額が233万7209円となった。試しにトヨタ「カローラセダン」の1.8Sで同様の条件で試算すると249万9781円となったので、少なくとも目に見えるお買い得感というものは、なかなか感じられないかもしれない。

 世界的にSUVの人気が高まるなか、それまで「ランドクルーザー」「ランドクルーザー プラド」「ハリアー」ぐらいしかなかったなか、トヨタがSUVを本格的に充実させる第1弾となったのが「C-HR」。16年12月末に発売となっており、17暦年締め(17年1月から12月)年間販売台数は11万7299台/月販平均台数約9774台/月販目標台数6000台(デビュー当時)/(登録車のみで販売ランキング4位)と、大ヒットモデルとなった。

 ただ、流麗なクーペSUVスタイルを採用するためラゲッジルームや後席が狭いといったこともあり、SUVに乗りたいという人にはなかなか思うような販促活動ができなかったと聞く。19暦年締め年間販売台数は前年同期比72.5%ながら5万5667台(月販平均約4638台)と、一時期に比べると販売に勢いがないように見えるが、C-HRは19年10月にマイナーチェンジを実施したので、それ以前の販売がペースダウンしただけでなく、同年4月にトヨタ「RAV4」が発売となっているので、RAV4にニーズが流れた結果ともいえよう。

 なお、マイナーチェンジ時に月販目標台数は3600台に変更されており、マイナーチェンジ後の3カ月平均の販売台数では約3742台となっているので、目標はクリアしていることになる。

RAV4が19年度上半期SUV販売1位に

 前述の通り、19年4月には日本国内で新型RAV4がデビューした。12カ月フルカウントとはならないが、RAV4の19暦年締め年間販売台数は5万3965台/4月から12月の月販平均台数約5996台/(月販目標台数3000台)となり、19事業年度締め上半期SUV販売台数第1位となるなど、大ヒットとなっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ