NEW
ヘルス・ライフ

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼

文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像1
吉野家の店舗

 牛丼業界で激しい競争を繰り広げている“牛丼御三家”こと、吉野家、すき家、松屋が着実に業績を上げているようだ。11月の前年同月比既存店売上では、吉野家が7.3%、すき家が3.1%、松屋フーズが4.2%の増加を記録。9月・10月も3社が揃ってプラスの成績を残しており、その好調ぶりが浮き彫りとなっている。

 さて、切磋琢磨を続けているこの3社は、定番の牛丼以外にもオリジナリティあふれるメニューや、その季節に合った限定商品を送り出している。その分、どこで何を食べようか悩んでしまう場面もあるのではないだろうか。もし不人気なメニューがあるのなら、できるだけ避けたいものだ。

 そこで今回は、「この冬、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品」をテーマに「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が6つのメニューを独断で選出した。さっそく紹介していこう(商品価格はすべて並盛の場合)。

吉野家/サラシア牛丼/445円(税別)

 健康志向の高まりを受け、吉野家が17年より発売している「サラシア牛丼」。公式サイトによれば、「血糖値の上昇をおだやかにするサラシノールを配合」しているとのことで、通常の牛丼並盛より93円高いメニューとなっている。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像2

 気になるのはその味で、ネット上には食べた人々の感想が多数書き込まれているのだが、そのほとんどが「普通の牛丼」というもの。ただの牛丼として味わう分には何ひとつ問題がないともいえるが、サラシノールの効果がいまいちわかりにくいとなると、そこに93円分の価値を見いだせるかは微妙だろう。もっとも、自分では知覚できないところで、しっかりと体が健康になっているのかもしれないが……。

吉野家/麻辣牛鍋膳/748円(税別)

「この冬、買うべき3大牛丼チェーンの商品」としてご紹介した「牛すき鍋膳」と同じく、19年10月15日から冬の季節限定商品として販売されている「麻辣牛鍋膳」は“中華の鉄人”として有名な陳建一氏が監修したメニューだ。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像3

 陳氏によって配合された特製の麻辣タレには、豆板醤・麻辣醤・甜麺醤という3つの醬に加え、7つの香辛料(花椒・唐辛子・五香紛・クローブ・スターアニス・ブラックペッパー・クミン)が使われているとのこと。さらに、仕上げとして花椒油までかけられているため、かなり本格的な仕上がりとなっている。

 中華料理が大好物という人には垂涎のメニューなのだろうが、辛いものや香辛料の風味が苦手な人の口には合わないのではないだろうか。また、具材のひとつであるきしめんがすぐにやわらかくなってしまうため、テイクアウトにも向いていない。

すき家/ロカボ牛麺/490円(税込)

 このところ耳にする機会が増えている“ロカボ”は、一般社団法人食・楽・健康協会が提唱している言葉で、極端ではない“緩やかな糖質制限”を意味しているという。低糖質な食事は食後の血糖上昇を抑制し、生活習慣病のリスクを減らす効果があることが明らかになってきているそうだ。

 すき家では、このロカボに注目した「ロカボ牛麺」というメニューが販売されている。牛肉や油揚げ、揚げ玉などがトッピングされた、冷・温が選べる麺メニューで、温かいほうはこの冬にぴったりといえるだろう。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像4

関連記事