NEW
ヘルス・ライフ

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼

文=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかし、低糖質を実現するために使用されているこんにゃく麺は、なかなか好みが分かれる仕上がり。独特の弾力がある水分を含んだこんにゃく麺は、不得意に感じる人も少なくないはずなので、どうしても糖質制限したいときやダイエットしたいとき以外は避けておくのが無難だろう。

すき家/鉄火丼/690円(税込)

「この春、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品」として19年5月に紹介した「まぐろたたき丼」では、商品の見た目について指摘した。今回取り上げる「鉄火丼」も、その盛りつけがひどいと、悪い意味で話題になったことがある。また、まぐろの色が悪いときもあり、提供された商品がおいしそうに見えないことも少なくないようだ。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像5

「まぐろたたき丼」と同様、「味“は”よかった」という声も少なくないし、もちろん店舗によってはきれいに盛りつけられていることもあるだろうが……もし乱雑に乗せられたまぐろを見れば、拒否感を覚えてしまう人もいるはずだ。

松屋/創業ビーフカレー/490円(税込)

 松屋といえば19年11月27日、長らく販売を続けていた「オリジナルカレー」の取り扱い終了を宣言し、大きな波紋を呼んだ。ファンの多いメニューだったこともあり、その決定を嘆く声も目立ったが、その翌日には、それまで期間限定で販売されていた「創業ビーフカレー」の定番化を発表。実質的な商品切り替えをごまかすような宣伝手法は少なからず批判を浴びたものである。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像6

 とはいえ、創業ビーフカレー自体は期間限定商品だった頃から好評で、味のクオリティは文句なし。しかし、「オリジナルカレー」よりも値段が100円高くなってしまったのは、松屋を日常的に利用している人からすれば、財布に大打撃だろう。松屋の広報担当者は単なる値上げではないことをアピールしているが、不満に思う人がいても仕方ないのではないか。

松屋/プレミアムおろしポン酢牛めし/480円(税込)

 牛丼の上におろしポン酢をトッピングした「プレミアムおろしポン酢牛めし」は松屋の定番商品ではあるものの、ちらほらと不評な口コミも散見されるメニュー。

吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼の画像7

 松屋の牛めしは特別味が濃いわけではないため、そこにおろしを足すとあっさりし過ぎてしまうのか、淡白な印象を受けることもあるようだ。こってりしたものが重たく感じられる夏ならまだしも、それ以外の季節ではやや物足りないメニューといえるだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事