NEW

無印良品、便利すぎて感動する日用品5選…ネッククッション、ボトル用ブラシ、クリップ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, , ,

【完了】無印良品、便利すぎて感動する日用品5選…ネッククッション、ボトル用ブラシ、クリップの画像1
無印良品の店舗

 衣類・食品・生活雑貨など、生活に欠かせない品々を豊富に取り揃えている無印良品。もともとは1980年に西友のプライベートブランドとして、たったの40品目のラインナップからスタートしたことを考えれば、すさまじい成長ぶりといえるだろう。

 無印良品を展開する良品計画の2019年度上期の決算報告によると、営業収益は前年比107.5%を達成しており、10期連続の増収となった。一方、アジアを中心とした海外進出にも成功しており、世界で975店舗を展開している(19年2月期時点)。また、19年には世界旗艦店である「無印良品 銀座」や日本初の「MUJI HOTEL GINZA」をオープンさせ、話題を呼んだところだ。

 そんな無印良品の商品は、価格こそ若干割高なものの、全体的なクオリティー水準は高く、まさに“良品”と呼べるものばかり。今回「Business Journal買うべき・買ってはいけない取材班」では、この冬に重宝しそうな無印良品の商品5選を独自にセレクトしてみたので、買い物の参考にしてほしい。

LED持ち運びできるあかり/6890円(税込、以下同)

【完了】無印良品、便利すぎて感動する日用品5選…ネッククッション、ボトル用ブラシ、クリップの画像2

 取っ手つきのLED照明である「LED持ち運びできるあかり」は、無印良品のロングセラー商品だ。人気の秘密は、これひとつあれば多くの場面で役立ってくれる点だろう。グラデーションのように柔らかく光るため、持ち運ぶ必要がないときにはドアノブなどに引っかけておくと間接照明の役割を果たし、リラックスタイムをやさしく演出してくれる。

 特に夜中、お手洗いに起きたときにこちらをサッと手に取れば、暗い廊下で足元を照らすのに重宝するはずだ。また、タイマー機能がついているので、照明をオンにしたまま寝落ちしてしまっても問題ない。

 さらに、停電になると自動的にあかりが灯るようにできているため、災害時に大活躍したとの体験談も散見される。ぜひ、一家に1台置いておきたいアイテムだといえる。

導入化粧液/1290円

【完了】無印良品、便利すぎて感動する日用品5選…ネッククッション、ボトル用ブラシ、クリップの画像3

 この「導入化粧液」は、化粧水の使用前に塗ることで、化粧水が肌のより深いところまで染み込むという商品。一時は口コミで爆発的に売れ、各店舗で品薄状態が続いていたそうだが、実際に使ってみると納得した。

 嫌味がない、さらっとした使い心地でありながら、使用後は明らかに肌が柔らかくなっている。上から化粧水を叩き込めば肌にグイグイ入っていき、しっかり保湿されているのを感じられた。乾燥肌の筆者の場合、これまで冬場は化粧水、乳液、クリームを併用しなければならなかったのだが、この導入化粧液と普段の化粧水を組み合わせただけで、日中でも乾燥知らずの肌になった。無印良品のスキンケア商品は基本的にシンプルなデザインなので、男女問わず手にとりやすいというのも高ポイントだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合