NEW
ヘルス・ライフ

運転免許証番号の末尾12桁目でその人の性格がわかる?!最後の数字に隠された意味とは!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「運転免許証」には住所や生年月日などのほかに12桁の番号が記載されているが、実はこの数字は、運転免許証が発行された順番にランダムに付けられるものではなく、ちゃんとした意味があるのをご存じだろうか? 今回は知っているとちょっと役に立つ、運転免許証番号の秘密に迫る!

運転免許証の番号で出身地がどこかわかるって知ってた?

運転免許証番号の末尾12桁目でその人の性格がわかる?!最後の数字に隠された意味とは!の画像1

 住所・氏名・顔写真が記載された「運転免許証」は、公的な身分証明書としても利用できるので、普段、車を運転しないペーパードライバーでも持っているという人も多いだろう。「運転免許証」には「番号」という項目に12桁の数字が記載されているが、実はこの数字には、深い意味があるのはご存じだろうか?

 まず、最初の2桁は免許が申請された公安委員会番号を表している。東京都であれば「30」、岡山ならば「72」といった具合だ。この番号は引っ越ししても変わらず、再取得しない限りずっと同じまま。公安委員会番号は北海道の「10」から南へ下るほど数字が増えていくので、「20」番台なら東北、「60」番台なら関西、「90」番台なら九州となる。つまり、最初の2桁を見れば大雑把に出身地域が分かってしまうのだ。

 次に、3・4桁目は原則的に運転免許証を初めて取得した年を表している。免許の取得年が1999年なら「99」、2020年なら「20」となる。そして、5~10桁と11桁目は、都道府県公安委員会が交付する際の管理番号となっており、5~10桁の管理番号が正しいか、モジュラス11ウェイトという計算式で数列を解くと11桁目の数字になる。もし、偽造した運転免許証で、11桁目に間違った数字が入っていると、ここですぐにバレてしまうのだ。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事