NEW

女性1人客殺到の焼肉ライク、なぜこんなに美味いのにこんなに安いのか?“緻密”経営の結晶

文=松嶋千春/清談社
【この記事のキーワード】, , , ,

 東京の直営店で店の宣伝とトライアルを進め、そこで蓄積したノウハウを生かして、フランチャイズ店を全国に広げていくという。試行錯誤と進化の日々のなかで、有村氏は「今は大変なときだけど、楽しい」と笑う。

「お客さまから『今まで2カ月に1回だった焼肉が2週間に1回になった』『女性ひとりで来られてうれしい』という声をたくさんいただいて、あらためて、みんな焼肉が好きなんだと実感しています。既存の焼肉店の市場を奪うのではなく、焼肉の市場規模を広げつつ『焼肉のファストフード』という新たな文化を育てていきたいですね」(同)

 外食アンケートでいえば、焼肉店は「入りにくい店」の2位でもある。既存のマイナス要素をすべて解消し、新たな焼肉文化をつくるべく、焼肉ライクの熱意は強火をキープ中だ。

(文=松嶋千春/清談社)

情報提供はこちら
RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合