NEW
企業・業界

「シックスパッド」のMTG、上場廃止の危機…「継続企業の前提に関する重要事象等」を掲載

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シックスパッド アブズフィット2 MTG(「Amazon HP」より)

 トレーニング機器「シックスパッド」や美容ローラー「リファ」を販売するMTG(マザーズ上場)は、再三延期してきた2019年9月期の連結決算を12月9日に発表した。売上高は前期比38%減の360億円、営業損益は144億円の赤字(18年9月期は69億円の黒字)、最終損益は262億円の赤字(同40億円の黒字)となった。赤字転落や決算発表の遅れ、これに伴う株価暴落について松下剛社長は「申し訳ない。業績を再び軌道に乗せ責任を果たしたい」と謝罪した。

 中国の電子商取引(EC)規制を背景に、国内外でバイヤー(代理購入業者)が減少。中国や韓国の女性に人気が高かった「リファ」ブランドの美容ローラーの販売が落ち込んだ。リファの売上高は、18年9月期の321億円から130億円へと60%減った。なかでも韓国では、日本製品の不買運動と重なり、美容ローラー関連の売上高は前の期に比べて95%減と激減した。

 トレーニング機器「シックスパッド」の売上高は135億円で横ばい。リファの販売が国内外で急減したことによる在庫の評価損や土地・建物の減損損失(77億円)などで100億円の特別損失を計上した。企業の存続に疑念を抱かせる状況を示す「継続企業の前提に関する重要事象等」を決算短信に掲載した。

 19年9月末時点の現預金残高は138億円。前年同期比で5割強減ったが、借入金はなく自己資本比率は77%である。「今期計画は現在の現預金で対応可能」(松下社長)としている。

 同時に発表した20年9月期の連結業績予想は売上高が前期比5%増の380億円、最終損益は20億円の赤字の見込み。19年9月期の決算発表は、当初は11月14日だったが、韓国子会社の取引先の在庫状況について会計監査人に通報があったとし、延期した。発表が決算期末50日を超える見通しとなったが、社内調査に時間がかかるとして再度延期。12月9日、発表にこぎつけた。韓国の事案について「決算への影響はなく、監査法人の了承も得た」(松下社長)という。

 MTGはサッカーのクリスティアノ・ロナルド選手や歌手のマドンナを使った派手なプロモーションで急成長。18年7月の東証マザーズ上場前から、企業価値が10億ドル(約1100億円)を超す新興企業「ユニコーン」として前評判が高かった。新興ベンチャーの期待の星は、なぜ失速したのか。

関連記事