東出昌大、不倫中にテレビで「子どもが幸せ」発言…唐田えりか、インスタで不倫匂わせ投稿の画像1
東出昌大(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 またも芸能人の不倫報道が世間をざわつかせている――。芸能界きってのおしどり夫婦といわれていた杏と東出昌大がすでに別居しており、離婚の危機に瀕しているというのだ。

 1月23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、東出は杏が第3子を妊娠中の約3年前から9歳下で当時未成年の女優・唐田えりかと不倫関係にあり、杏とは今年1月から別居しているという。

 22日に「週刊文春デジタル」が東出の不倫と別居を報じると、東出と唐田の所属事務所は共にコメントを発表した。

「本人に確認いたしましたところ書かれている事柄は ほぼ事実と判明しました これらのことは 東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います」「現在、本人はこのような事態になったことに対して 責任の重さ、失ったものの大きさを実感し ひたすら 後悔に苛まれ苦しんでおります」(東出の所属事務所)

「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております」「自身の弱さ、愚かさ、甘さを深く受け止め、向き合いたいと思っています」(唐田の所属事務所)

 しかし、これについても「東出が苦しんでるとかどうでもいい」「魔が差したっていう期間じゃないし、3年も続けておいてよく言うよ」「杏が双子の育児に追われているのを知っていて手を出す女性側もどうなのか」「なんかどっちも杏のことバカにしてない? ひどすぎる」と非難の対象になっている。

 杏と東出は2015年に結婚し、16年に双子の女児が、17年には第3子となる男児が誕生していた。育児に熱心な“イクメン”と報じられたこともある東出だが、実際は年下女優との逢瀬にうつつを抜かしていたことになる。一方で、過去には子煩悩をアピールするような発言をしていたという。

「昨年5月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に俳優の小手伸也、脚本家の古沢良太と共に出演した際に、家族を大事にしているかのようなエピソードを披露していました。『仕事以外で何をやっているときに幸せを感じるか』という話になったとき、『子どもかなぁ、子どもってなんかすごい幸せの到達点だなと、ふと思うことがあって』と語り出し、疲れて帰ってきたときも子どもの寝顔を見るとリフレッシュできると発言。しかし、このときも唐田との関係の真っ只中でしょうから、白々しいとしか言いようがありません。また、『僕が本当にたぶん社会不適合者の面があって……』とサラリーマンに向いていないとも話していましたが、だからといって不倫が許されるというわけでもないでしょう」(テレビ局関係者)

 今回の不倫報道を受けて、ネット上では

「今聞くと、逆にクズ感ハンパない」

「不倫相手と楽しんで家帰って子どもの寝顔見れば、そりゃ幸せでしょうよ」

「子どもたちがスヤスヤ寝てるのは奥さんが寝かしつけてくれたからなんですけど」

「自分で“社会不適合者”って言う人は、だいたい自分に酔ってる。不倫のことも美化してそう」

といった声が上がっている。

「ちなみに、同番組で共演していた小手も昨年10月にファンの女性との不倫が報じられ、『下北的なノリを捨て切れなかった』などと意味不明な釈明をして『街のせいにするな』『言い訳がクズ』と大ひんしゅくを買いました。そのため、同放送回は早くも“伝説のクズ回”などとも言われています」(同)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ