今夜、東出昌大主演ドラマエリート検事役に注目集まる…杏が妊娠中に未成年と不倫の画像1
東出昌大(「Wikipedia」より)

 人気俳優の東出昌大に“文春砲”が炸裂した。妻で女優の杏と別居していただけでなく、若手女優との“不倫”も発覚。CM契約解除の可能性が取り沙汰されるなど、早くも大きな波紋を広げている。

 1月23日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によると、東出と杏は離婚危機に直面しているという。1月上旬に夫婦の関係に亀裂が生じ、東出はやむなく都内のマンションに部屋を借りて別居状態。また、夫婦関係の修復についてはまったく見通しが立っていないとされている。

 不倫相手として名指しされたのは、映画『寝ても覚めても』で東出との共演経験がある若手女優・唐田えりかだ。同誌によれば、東出が不貞に走ったのは2年半前のことで、記事の見出しには「未成年不倫」ともあった。

 東出の所属事務所は“ほぼ事実”と報道を認め、「東出の愚かさ、未熟さ、責任感の欠如が引き起こした事柄だと思います。どのように非難されても弁解の余地はありません」と説明。唐田の所属事務所も「今回の報道を受け、本人は軽率な行動を深く反省しております」とコメントしている。

 2015年1月に杏と結婚し、3人の子どもの父親でもある東出。そんな身でありながら不貞を働いていたとあって、ネット上には

「素敵な夫婦だとずっと思っていたのに。杏さんが本当にかわいそう」

「見損ないました。3人もの子を育てる妻をよく裏切れますね」

「一気に嫌いになった。出演作品も今後絶対見たくない」

と怒りの声が続出。

 また、“未成年不倫”に拒否感を示す人も多く、「非常識にもほどがある」「不倫の事実だけでも許せないのに、未成年に手を出していたなんて最低」などの批判も目立つ。

 ファンに衝撃をもたらした東出の不倫問題だが、気になるのは今後の仕事への影響だ。東出は主演を務める連続テレビドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』(テレビ朝日系)が1月16日にスタートしたばかり。1月23日には、第2話が予定通り放送される見込みだ。

 同ドラマで東出はエリート検事を演じているが、ネット上では

「違和感ありまくり」

「とんだ不倫検事ですね」

「もはや“未成年に手を出して3年も不倫していた男”にしか見えない」

「不倫男の棒演技なんて不愉快すぎる」

と嫌悪感を示す声が増えつつある。

 また、東出といえば2017年に放送された連続テレビドラマ『あなたのことはそれほど』(TBS系)で妻に不倫される役柄を演じており、その“怪演”ぶりが大きな話題になった。そのため、「不倫されて怒り狂う役をやってたのに、される側の気持ちがわからなかったのがすごい」「あの演技はなんだったの?」という声も。

 一方、東出が起用されていたCMは削除が相次いでおり、一部報道では契約解除の可能性も指摘されている。「G・U・Mデンタルブラシ」のCMを放送しているサンスターと、ミニバン「フリード」のCMを放送しているホンダは、共に公式サイトからCM動画を削除したことが報じられた。

 ネット上では

「CM打ち切りは不可避だと思う。特に、もう主婦層には受け入れられないでしょ」

「妊娠中の妻が双子の育児に追われているのに未成年と不倫していたっていうのが胸クソ悪すぎる」

「もう良き夫や良きパパのキャラクターでは起用できないしね。好青年のイメージが強かっただけに反動が大きい」

といった反応も上がっている。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ