欅坂46・平手友梨奈、卒業ではなく脱退でなければならなかった理由の画像1
欅坂46『黒い羊』(Amazonより)

 アイドルグループ・欅坂46の絶対的エースに何が起きたのか――。

 独特の存在感で人気を獲得していた平手友梨奈が、グループからの脱退を発表。“卒業”とは異なる表現に、ファンの間でさまざまな憶測が飛び交っている。

 欅坂46は2016年4月に『サイレントマジョリティー』でデビュー。同曲のセンターに抜擢された平手は、ブログに「嬉しいという気持ちは全くありませんでした。とにかく申し訳なさと不安とプレッシャーでしょうがなかったです」と綴ったことでも話題を呼んだ。

 従来のアイドルグループとは異なる雰囲気を放つ欅坂46の中でも、平手は圧巻のパフォーマンスで評価を高めてきた。一方で休業やイベント欠席を繰り返し、彼女の体調面に不安を覚えたファンも多い。たとえば、初の全国ツアーとなった2017年8月の神戸公演では、アンコール曲直前にステージから離脱。同年末の『NHK紅白歌合戦』では、パフォーマンス直後に過呼吸で倒れ、18年12月には精密検査で「仙腸関節不安定症」などの症状が判明している。

 また、平手は以前出演した歌番組『SONGS』(NHK)のなかで、“欅坂46に入って1番つらかったこと”を聞かれて「たくさんあります」と表現。“辞めたいと思ったことはあるか”との質問にも、「あります」と率直に回答していた。そのため、今回の脱退発表を受けて、ネット上には「精神的にも負担が大きかっただろうし、仕方がないと思う」「やっぱり、という印象。あれだけ体調に不安があって本人もつらかったんじゃないかな」とおもんばかる声が多く見られる。

 さらに、“卒業”という表現が使われていない点に疑問の声が相次ぎ、「脱退という言葉にはマイナスイメージがある。運営と揉めたのでなければいいけど」「卒業と脱退の違いはなんだろう。円満に決まったわけではないの?」と、心配する声も目立つ。

 グループの中心メンバーを失うことになった欅坂46。同じく人気メンバーだった長濱ねるが19年7月に卒業したのも記憶に新しいところだ。今回は平手の脱退発表と同時に織田奈那・鈴本美愉の卒業、佐藤詩織の活動休止も公表されている。

 1月24日にブログを更新したメンバー・菅井友香は、「それぞれの意志の固さを感じました。本人たちの背中を押してあげることが1番だと思いました」とコメント。続けて「1度きりの人生、チャレンジしたいことには本気でぶつかって欲しい! 自分を大切にしてね」とエールを送っている。

関連記事