平手友梨奈脱退は欅坂46にとって好都合

『山口百恵→AKB48ア・イ・ド・ル論』(宝島社)などの著者でアイドル評論家の北川昌弘氏は、平手の脱退は欅坂46がイメージチェンジするチャンスになると語る。

「平手友梨奈は、冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)などではほとんど見かけないですが、楽曲ではセンターとして圧倒的存在感を示してきました。普通のアイドルユニットであれば平手はとても不思議な存在でしたが、欅坂46のこれまでの躍進を考えると、その構造がよかったとしか言えないと思います。ほかのアイドルユニットとわかりやすく差別化できたわけですから。

 そういう意味では、圧倒的なエースがいきなり脱退は、これから欅坂46がどうなっていくのか、不安を持って見守るしかないのですが、残ったメンバーにとっては、次は誰がセンターになるのか、とても大きなチャンス到来といえます。ファンとしても、誰がセンターになるのか固唾の飲んで待つわけですが、ここまで知名度と実績があれば、誰がなっても、そのために急激に人気がなくなるとは考えにくいです。誰を次期センターに据えて、どのようなイメージチェンジをしてくるのか、注目でしょう。

 逆に言えば、平手が脱退しなければ、センターを替えてイメージチェンジしても、多分、賛否両論巻き起こって混乱を招きかねなかったわけで、それによって平手や新センターが精神的ダメージ負うリスクを考えたら、今回の平手脱退は好結果を生む可能性が高いでしょう」

 卒業ではなく、あえて脱退という道を選んだ平手。決断に至った真意が、本人から語られる日を待ちたい。

(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合