NEW
ヘルス・ライフ

ローソン、今買うべき“尖った”食品5選…唯一無二のLチキ、今さら激ウマのタピオカ

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コンビニ業界ではセブン-イレブン、ファミリーマートに次ぐ3位ながらも、個性的な商品開発で常に話題を提供してくれているローソン。2018年に新登場した「悪魔のおにぎり」は、その後1年間でシリーズ累計5600万個を売り上げるほどの大ヒット商品に成長した。

 また、系列店であるローソンストア100では毎年の暮れに「つぶつぶ栗きんとん」などの“100円おせち”を販売しており、2019年には「豚の旨煮」や「お煮しめ」といった新商品が加わったので、もしかするとお世話になった人もいるかもしれない。

 今回「買うべき・買ってはいけない調査班」では、ローソンのいい意味で尖った商品ラインナップのなかから、この冬にぜひとも押さえておきたい食べ物を選出。「買うべき商品5選」として紹介するので、ローソンに出かけた際は、この記事を思い出してほしい。

「Lチキ 旨だれ黒味」/180円(税込、軽減税率適用。以下同)

 まずは、「Lチキ」シリーズから新発売されたこちら。真っ黒な甘辛の黒こしょうだれとゴマがかかった「Lチキ 旨だれ黒味」は、これまでのホットスナックとは一線を画したおいしさだ。

 調査班で試食してみたところ、黒こしょうの香りが強い割には嫌なスパイシーさは感じないので、老若男女に受け入れられそうである。あまりコンビニ食品で体験したことのない味だったのだが、たとえるならば名古屋名物の手羽先に似ているだろうか。

 また、Lチキには「旨だれ赤味(甘辛仕立て)」という新商品もあり、辛党の人にはこちらがおすすめ。唐揚げやポテトなど、ありふれたホットスナックに飽きてしまった人にとっては、いい刺激になることだろう。

「とろチ~ -とろっとチーズ-」/240円

 ローソンでは2019年3月から「新感覚スイーツ」というシリーズを展開しており、「バスチー ‐バスク風チーズケーキ‐」(215円)や「サクバタ サクッとバターサンド」シリーズなどがヒットを飛ばしてきた。

 同シリーズの仲間入りを果たした「とろチ~ -とろっとチーズ-」は、冷やしても温めても食べられるという斬新な商品。冷たいまま食べればしっとりとしたベイクドチーズケーキのような食感で、レンジで数十秒温めれば生地が少しフワッとなり、スフレチーズケーキのような味わいに。生地の真ん中には甘いチーズクリームが入っているため、甘党の人をもうならせるはずだ。話題性に決して負けていないおいしさなので、ぜひ一度召し上がってみてほしい。

関連記事