NEW

岩井俊二『ラストレター』、傑作の誕生…言葉を失う“映画的瞬間”に魂が揺さぶられる

文=深笛義也/ライター
【この記事のキーワード】, ,

 映画の原作は、岩井俊二自身の小説『ラストレター』。小説ではこの場面が生み出す感情を言葉で語っているが、映画では一瞬にして観客の心に訴えかけている。

「初恋を扱った切ない物語だけど、映画ではなんでもありになった現代で、純愛こそがファンタジーなのかなと思わせる映画でした。昔からの岩井ファンが多いのか、映画館には年齢の高い観客が多かったんですけど、どの世代でも楽しめる映画。高校生などの学生や若い人に見てほしいです。『あれって、どういうこと?』『自分だったらこうするな』など、見終わった後に語り合えることが多いのではないでしょうか」

 映像の美しさもずば抜けている。スクリーンで見るべき映画だろう。

(文=深笛義也/ライター)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合