NEW
連載
三浦展「繁華街の昔を歩く」

なぜ東京大学の周囲には“なまめかしい遊び場”が密集していたのか?下谷・湯島・白山ほか

文=三浦展/カルチャースタディーズ研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 文京区の根津に明治時代遊廓があったが、東京大学が隣の本郷にできるというので江東区の洲崎に移転させられたということは前に書いた。じゃあ、きれいさっぱり東大のまわりはお色気が消えたかというと、そんなことはない。今でいうと本郷三丁目の駅から東に言問通りを下っていけば右手に湯島天神があり、地名は湯島となって、その近辺の本郷区内には花街が5つもあったのである。

 まず1つは下谷、あるいは池之端と呼ばれる花街。今の湯島の交差点の東側から松坂屋の向かい側に至るまでの歓楽街がそれ。池之端は、古くは下谷区数寄屋町、池之端仲町から本郷区同朋町にまたがる一帯で、本来下谷と同朋町で芸妓組合が異なるが、その後合併して下谷芸妓組合となった。芸妓屋160軒、芸妓400名。料理屋20軒、待合110軒と大規模で、東京のなかでも柳橋、新橋、吉原などに次いで二流の上に位置付けられた。上野の山の精養軒から見下ろすと池之端にずらりと並んだ料亭の明かりが、不忍池に映ってなまめかしかったらしい。ここで遊んだ東大生もいただろう。

 かつての料亭で今もあるのは鰻料理の伊豆栄。池之端から本郷側に上ったところにある竜岡町を先日歩いていたら、伊豆栄のために鰻を料理する店を見つけた。

 2つ目は湯島天神の南側の天神花街。芸妓屋30軒、芸妓80名、料理屋14軒、待合25軒。周辺には天ぷら屋、すき焼き屋、寿司屋、鳥料理屋などが散在し、旧花街の余韻を残している。古い地図を見ると、旅館だったところがマンションやラブホテルに変わっている。

 隣に湯島新花町という町名が昔あったが、これは花街とは関係ない。本当に花畑があった場所である。宝永7年(1710年)、上野の寛永寺の東叡山寛永寺貫主の輪王寺宮の隠居屋敷が置かれたが、宮はまもなく亡くなり、屋敷は廃止され跡地が菜園となり、大根畑、お花畑と呼ばれた。宝暦7年(1757年)、町屋が開かれ、新町屋と呼ばれたので、「新」と「花」を取って新花町となった。

湯島天神近くのすき焼き屋「江知勝」

武道の練習と偽り女遊び

 3つ目が神田明神のある台地の崖下で、神田三業地。または講武所(こうぶしょ)という。講武所は江戸幕府が設置した武芸訓練機関である。神田区同朋町、台所町、旅籠町にかけての一帯であり、旅籠町まで来ると今は秋葉原のアニメ街である。花街にしてはいかめしい名前の由来は、安政年間に幕府が鉄砲洲に講武所を設置した際、当時加賀ッ原といわれていた旅籠町に、講武所の附属機関を設けたことによる。

関連記事