NEW
芸能・エンタメ

情報ソースはフジモン側?木下優樹菜“縦読み不倫”の暴挙とフジモンの危機的な芸人人生

文=藤原三星
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸人仲間もフジモンを“腫れ物”扱い

 一時は芸能界を代表するおしどり夫婦だったはずの2人だが、今後はどうなっていくのか。吉本興業に近いある芸能関係者は次のように語る。

ユッキーナはCM出演も多く、ギャラも高かったため、当時から格差婚といわれるほどユッキーナが稼いでいましたが、それも今後はかなり難しくなっていくでしょう。一方、藤本さんは芸歴こそ長いもののレギュラー番組はなく、タレントとしてはかなり不安定。自分ひとりだけ食べていく分には問題ないでしょうが、小さい娘さん2人と、おそらく贅沢三昧な生活を続けるはずのユッキーナの生活費を考えると、なかなかそれらのすべてを養育費として支払ってはいけないのではないでしょうか。

 そもそも、他人の恥部にツッコミを入れて笑いを誘う“ガヤ芸人”として人気だった藤本さんですが、自分がここまで不幸のどん底に陥ってしまうと、ガヤなんていってられないでしょうし、お茶の間も笑わないでしょう。今後どのような芸風でいくのか、芸人としても岐路に立たされているはず。周りの芸人たちも『寝取られネタはさすがに笑いにできない』と言っているとかで、今後は“腫れ物”扱いになること必至でしょうね」

 ガヤ芸人として周囲をイジり続けてきた男が、急転直下でイジられる側に。しかし、この壮絶な離婚劇を笑いに変えられるのはまだまだ先になりそうだ。

(文=藤原三星)

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

関連記事