NEW
企業・業界

吉野家、超特盛&小盛導入で黒字転換達成…松屋は炎上必至の話題づくり、すき家は新商品連投

文=佐藤昌司/店舗経営コンサルタント
【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【完了】吉野家、超特盛&小盛導入で黒字転換達成…松屋は炎上必死の話題づくり、すき家は新商品連投の画像1
吉野家の店舗(撮影=編集部)

 牛丼大手3社の既存店売上高が、そろって好調だ。そのなかでも、もっとも好調といってよさそうなのが、吉野家ホールディングス(HD)が展開する「吉野家」で、2019年12月まで10カ月連続で前年超えを達成した。しかも、10月が前年同月比8.2%、11月は7.3%、12月は11.3%と、大幅な増加率が続いている。

 松屋フーズHDが展開する「松屋」などの既存店売上高も、負けじと好調だ。12月まで18カ月連続で前年を上回った。増加率は10月が3.6%、11月が4.2%、12月が6.6%と、大きく伸びている。ゼンショーHDが展開する「すき家」も、12月まで5カ月連続で前年を上回った。増加率は10月が0.8%、11月が3.1%、12月が2.8%だった。

 最近の3社は、商品戦略が功を奏している。

 吉野家は昨年3月に看板商品の牛丼で新しいサイズの「超特盛」と「小盛」を導入し、それぞれヒットした。5月にはRIZAPと共同開発したコメ抜き牛丼「ライザップ牛サラダ」を発売し、こちらもヒット。8月に50万食限定で販売した「すきやき重」は高級部位の牛サーロインを使った高額商品ながらも売れに売れ、早々に完売した。

 10月には「牛すき鍋膳」を前年より前倒しするかたちで投入したほか、中華の有名シェフ、陳建一氏とコラボした「麻辣牛鍋膳」を投入。これらも好調だという。12月にはゲーム「ポケットモンスター」とのコラボ商品「ポケ盛牛ドンセット」など5品を販売したが、一部商品が人気で品切れする店舗が続出し、販売休止にせざるを得なくなったほどだ。3~12月の既存店売上高は前年同期比7.4%増と大きく伸びたが、これらの商品が大きな貢献を果たした。

 こうした状況を受け、吉野家HDの19年3~11月期連結決算は好調だった。売上高は前年同期比6.6%増の1598億円、営業損益は28億円の黒字(前年同期は5億6200万円の赤字)、最終損益は17億円の黒字(同15億円の赤字)だった。

 好調な業績を受けて同社は1月10日、20年2月期通期の業績見通しの修正を発表した。売上高は従来予想から70億円引き上げて2150億円(前期比6%増)、営業利益は26億円引き上げて36億円(同35倍)とした。最終損益は1億円の黒字(前期は60億円の赤字)で据え置いた。

松屋とすき家も新商品を続々投入

 松屋は月に2度程度のペースで期間限定商品を投入し、集客を図っている。昨年4月に「ごろごろ煮込みチキンカレー」を復活販売したほか、6月に「創業ビーフカレー」を期間限定メニューとして販売し、12月に定番メニューに加えた。10月に発売した「お肉たっぷり牛鍋膳」と、11月に発売した「豆腐キムチチゲ」、12月に発売した「ビーフシチュー定食」はいずれも好評で、原料の供給が追いつかず、一時販売休止に追い込まれたほどだ。これら商品が寄与し、4~12月の既存店売上高は前年同期比5.3%増と大きく伸びた。

 松屋フーズHDの足元の業績は好調だ。19年4~9月期連結決算は、売上高が前年同期比9.4%増の520億円、営業利益が2.1倍の31億円、純利益が93.2%増の18億円だった。

 松屋フーズHDも昨年10月31日に20年3月期通期の業績見通しの修正を発表している。売上高は従来予想から5000万円引き上げて1041億円(前期比6%増)、営業利益は14億円引き上げて55 億円(同43%増)、純利益は9億円引き上げて31億円(同41%増)とした。