NEW
ヘルス・ライフ

中途半端に余ったANAマイルを無駄にしないで全部使い切る方法

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 アナタは1万マイル未満の中途半端なANAマイルをどうしているだろうか? そのまま放置しておくと、せっかく貯めたマイルが3年後には消滅してしまうのだ。そんなときは「ANA SKY コイン」に交換しておくのがおすすめ。「ANA SKY コイン」に交換すれば実質ANAマイルを1年間期限が延長できるのだ。今回はANAマイルを無駄にしないで、全部使い切る方法を紹介しよう。

1マイルから交換可能な「ANA SKY コイン」を活用せよ!

中途半端に余ったANAマイルを無駄にしないで全部使い切る方法の画像1
(Image:Uskarp / Shutterstock.com)

 陸(おか)マイラーの目的は、貯めたマイルで特典航空券をゲットすることだ。しかし、がんばって特典航空券に交換しても、必ず中途半端なマイルが残ってしまうだろう。ANAマイルの有効期限は3年なのでそのまま放置してしまうと、せっかくのマイルが無駄になってしまうことがある。なんとか全部のANAマイルを使い切る方法はないものか?

 まず考えられるのが、ANAマイルを他社ポイントに交換する方法。ANAマイルは「楽天ポイント」「Tポイント」「nanacoポイント」「TOKYUポイント」「メトロポイント」「スターバックスカード」「iTunesギフトコード」などに交換することが可能だが、これらのポイント交換はいずれも1万マイルからとなっている。そもそも1万マイルあれば、特典航空券に交換できるので、この方法は除外するしかない。

 そこでおすすめしたいのが、「ANA SKY コイン」である。「ANA SKY コイン」はANAマイルを1マイルから100%のレートで交換でき、交換後1年間有効なので、実質ANAマイルの有効期限を1年間延ばすことができるというわけだ。交換した「ANA SKY コイン」はANAの国内線・国際線の航空券やツアー代金の支払いに利用できる。マイルでは繁忙期に航空券が取れないことがあるが、「ANA SKY コイン」にはそのような制限がない。ただし、航空券の払い戻しは「ANA SKY コイン」の有効期限内でないとできない点には注意しよう。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事