【完了】ニトリ隠し「N+」でユニクロに宣戦布告…だが「中価格&おしゃれシンプル」で競合回避の画像1
「N+公式サイト」より

 32期連続で増収営業増益を達成するなど絶好調の家具チェーン最大手、ニトリホールディングス(HD)がアパレル市場に触手を伸ばしている。グループ企業が「N+(プラス)」のブランドで衣料品を販売しているのだ。「私のための大人服」をコンセプトに、大人の女性が毎日着たいと思うファッションを提案するという。現在、東京、埼玉、千葉の1都2県に4店舗を展開している。アパレル市場は厳しさが増しているが、はたしてニトリHDのNプラスは成功するのか。

 筆者は1月下旬、東京都立川市の大型商業施設「ららぽーと立川立飛」に入居しているNプラスの店舗を訪れた。

 店舗の外観はおしゃれで、「ニトリ」の文字は一切見当たらない。ニトリのイメージカラーのエメラルドグリーンも使われていない。何も知らない人は、Nプラスがニトリグループのブランドとは気づかないだろう。

 売り場は4つのテーマに分けられている。メインの入り口から見て右手前にはネイビー(濃紺) の商品をメインとする商品群、右奥にはブラックの商品をメインとする商品群、左手前にはブラウンとワインレッドの商品をメインとする商品群、左奥にはアイボリーとベージュの商品をメインとする商品群を配置していた。すなわち、右側が暗めの色、左側が明るめの色という構成だ。

 それぞれのコーナーでは、メインとなるカラーの商品を中心に、それに合う商品を近くに陳列し、全身をトータルでコーディネート提案していた。たとえば、メインカラーとなるネイビーのコートを中心に、それに合うオレンジ系ブラウンのブラウスとベージュのパンツを一緒に陳列したり、ネイビーのブルゾンとネイビーのパンツに合わせるかたちでオレンジのプルオーバーを一緒に陳列するといった具合だ。

 商品のデザインは、どれもシンプルだ。無地のものが大半で、柄ものは少ない。柄ものであっても、シンプルなものがほとんどだ。それでいて、いずれも“どシンプル”ではない。細部に、ちょっとしたおしゃれな施しがされていたりする。シンプルな衣料品といえば、ユニクロが思い浮かぶが、Nプラスはユニクロほどシンプルではない。

 Nプラスの価格帯は定価で1点2000~5000円程度だ。8000~1万5000円程度で全身コー ディネートできる。たとえば、5990円(税込み、以下同)のコートと2490円のプルオーバー、4990円のプルオーバー、2990円のパンツをトータルでコーディネート提案していたが、トータルの価格は1万6460円だ。コートがないコーディネートであれば1万円を切るケースもある。なお、訪れた時はセールを実施していたため、さらに安い価格で購入できた。

 Nプラスの価格帯はユニクロよりもやや上で、無印良品と同程度といったところだろう。アパレル市場では、「中価格帯」との位置づけになりそうだ。中価格帯に属する無印良品は手強いが、同価格帯は無印良品以外に有力な競合が存在しない価格帯ともいえる。

 もっとも、Nプラスと無印良品の競合度は、そう高くはなさそうだ。デザイン性や趣がやや異なり、ターゲットとする層もやや異なるためだ。どちらも大雑把に「シンプル」といえるが、無印良品はユニクロに近く“どシンプル”だが、Nプラスは先述した通り“おしゃれ感があるシンプル”だ。同じシンプルでも、意味合いがやや異なる。そのため、Nプラスと無印良品は住み分けができるかもしれない。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ