NEW
企業・業界

楽天、出店者猛反発でも送料負担強制を強行…アマゾンより“劣るサービス”に強烈な焦り

文=有森隆/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天経済圏はどうなる

楽天のビジネスは、楽天ポイントで一つの経済圏をつくるやり方。客に楽天ポイントを貯めさせ、それを楽天市場で使ってもらう。楽天だけでぐるぐるとポイントとお金が回るかたち。その中で生きてきた」(ネット通販大手の役員)

 だが、ここへきてスマホ決済がポイントと連携するようになった。

 PayPayなどの攻勢で、スマホ決済でポイントが貯まっていく。そうなると、無理に楽天でポイントを貯めなくてもよくなる。楽天が築いてきた経済圏が崩れてしまうことへの焦りもあるのではないか」(同)

 送料一律無料の見切り発車を決めたことで、楽天は墓穴を掘ることになるかもしれない。一方、4月から本格参入する携帯電話事業も不透明。「基地局の能力が低くて500メートル四方しか電波が飛ばない」(関係者)。料金体系も明らかになっておらず、楽天モバイルは当初、東名阪以外の地域はKDDI(au)の回線を借りる。回線利用料がかかるため「赤字覚悟でなければ低廉なプランを実現できない」(同)。

 楽天の携帯事業は本当に本格営業を開始できるのか、大きな疑問符がついている。

(文=有森隆/ジャーナリスト)

関連記事