正解のないWEBマガジン~wezzyより】

後手にまわる環境政策、物価上昇による消費圧迫…変化についていけない日本の画像1

「GettyImages」より

 1月21日からスイスのダボスで開かれた世界経済フォーラム年次総会(通称ダボス会議)。ここでは、気候変動と環境問題が大きく取り上げられました。その中で意図的に温暖化を否定するトランプ大統領を別にすれば、日本のこの問題に対する対応が遅れていると、批判の声が聞かれました。

 その前の昨年12月にスペインのマドリードで開かれた国連気候変動枠組条約第25回締約会議(COP25)でも、石炭火力依存度が32%と高い日本が、脱石炭の道筋を示せなかったため、国際環境NGOから2回も「化石賞」を授与される不名誉を受けています。

 小泉環境大臣もこの問題への取り組み姿勢を語る中での「セクシー」発言はともかく、CO2排出が問題視される肉食への批判が出ていることを知らずに、「ステーキを食べた」と発言してひんしゅくを買っています。日本の気候変動、CO2削減意識の低さが問われています。世界の関心が効率化、成長性から、地球環境を維持して生命の安全を守り、環境保全に向かっている潮流変化に、日本がついていけない現状を露呈したことになります。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ