NEW
ジャーナリズム

新型肺炎、中国を称賛したWHOの闇…台湾との情報共有を拒否、感染封じ込め努力が無駄に

文=白川司/ジャーナリスト、翻訳家
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新型肺炎、中国を称賛したWHOの闇…台湾との情報共有を拒否、感染封じ込め努力が無駄にの画像1
テドロス・アダノム事務局長(左)と習近平・中国国家主席(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

 1月28日、台湾で8人目の新型コロナウイルス感染者が見つかった。ただし、それまでの感染者は中国本土で感染してから台湾に来たもので、これは台湾内で感染が確認された初めての例となった。この感染者は、中国から帰国した妻から感染したと考えられる。

 台湾の蔡英文総統は、WHO(世界保健機関)による新型コロナウイルス専門家会議に、台湾代表の出席を認めるように要請したが、WHO側は頑として認めなかった。台湾はWHOに加盟していないが、この緊急事態において台湾を排除した裏に、中国の圧力があったと見る向きは多い。

 WHOなど国連専門機関の多くが中国の影響を受けているといわれているが、エチオピア人であるWHOのテドロス・アダノム事務局長は、特に中国の息がかかっているとみられている。エチオピアは、「一帯一路」を通して中国から多額の投資を受けており、いわば中国と蜜月の関係にある。

 1月23日にWHOは緊急事態宣言を見送っているが、この直前に「武漢封鎖」が実施されており、中国側に配慮した措置ではないかと疑われている。実際、テドロス事務局長は1月28日に北京を訪問して習近平主席および李克強首相と面会、その後に「中国はよくやっている」と称賛の言葉を口にした。記事には、習主席とのにこやかなツーショット画像が飾られている。

 WHOのトップがわざわざ北京入りするのであれば、実務を行っている事務方トップと、今後の対策を綿密に打ち合わすのが普通だ。だが、テドロス事務局長は「新型コロナウイルスの封じ込め失敗に、習主席はまったく関わっていない」というお墨付きを与えた。

 新型コロナウイルスを封じ込めたいのであれば、まず非常事態宣言を出して中国当局にはできうる最大の封じ込め策をとるように指示し、近隣各国にも最大の防止策と協力を仰ぐべきだ。だが、WHOが非常事態宣言を出したのは1月30日で、すでに世界中に新型コロナウイルスが広がったあとだった。

 本来なら、1月22~23日の緊急会合で宣言すべきだったが、中国代表者や中国の「同盟国」からの反対で頓挫したと伝えられている。また、中国が武漢封鎖を実施したのが、まさに23日である。封鎖があまりに杜撰だったことで多くの武漢市民が脱出し、ウイルスの拡大につながった。

 中国政府が非常事態宣言を避け、あとでWHOに「中国政府はよくやっている」というお墨付きをもらうために、付け焼き刃的に実施した封鎖では、実効性など望むべくもない。実際、1月30日の非常事態宣言を出した会見の際に、テドロス事務局長が「中国政府は感染拡大阻止に並外れた措置を取った」と賛辞を繰り返し、世界中から顰蹙を買っている。

関連記事