NEW
ヘルス・ライフ

キャンドゥ、今買うと後悔する商品5選…汚れ落ちない洗剤、切れない&洗いづらい包丁

文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アイマスク+耳栓セット」/110円

 年末年始の休みに、海外へ旅行する人も多いかもしれない。長時間のフライトのおともといえば、明かりをさえぎり、安眠へと導いてくれるアイマスクだろう。

 キャンドゥの「アイマスク+耳栓セット」は、決して悪い商品というわけではない。アイマスクのみならず耳栓までついてくるので、お得な部分もあるのだが、他の100円ショップのアイマスクに比べると、キャンドゥは一歩劣る印象だ。

 ダイソーのアイマスクにはカラフルでデザイン性に富んだものが多く、一方でセリアはファー生地を採用していたり、幅広で窮屈さのない着け心地を実現していたりする。これらに対しキャンドゥのアイマスクは、サイズが小さくゴム部分も簡素。光が若干漏れてしまうし、耳が痛くなることもあった。同じ価格帯なら、別ブランドのものを選んだほうが賢いといえそうだ。

「個人情報保護用ブラックスティックのり」/110円

 年末年始の大掃除や書類整理の場面で、個人情報が書かれた大量の書類を処理しなければならない場面もあるだろう。近年は文字を塗りつぶしてくれるローラーやスタンプが数多く出回っているが、キャンドゥの「個人情報保護用ブラックスティックのり」はおすすめできない。

 まず、隠したい部分に転がしたり押したりするだけのローラーやスタンプに比べて、本品はスティックのりと同じスタイルなので、いちいち貼り合わせなければならないという手間が発生する。おまけに粘着力が弱く、ペリペリと剥がれてしまうこともあるのだ。

 加えて、塗る際にのりが上手く広がらなくて肝心の文字が隠せないといった声も上がっているほか、時間がたって乾燥すると、黒く塗りつぶされていた文字が透けて浮かび上がってくる例もあるそうで、これでは本末転倒。ローラーやスタンプを使ったほうがいいだろう。

「シルキーシェフ 穴あき包丁」/110円

 冬のアウトドアやBBQシーンなどでは、わざわざ家から包丁などの調理道具を持っていくのが億劫なこともあるはず。昨今の100円ショップでは、安価で比較的高品質な包丁が手に入るものだが、キャンドゥの「シルキーシェフ 穴あき包丁」はそうでもないようだ。

 その理由はひとえに、切れ味の悪さである。包丁の性能がわかりやすいトマトやお刺身を試しに切ってみると、断面が汚く、型崩れしやすい印象。また、皮の硬いかぼちゃなどは上手く刃が入っていかず、無駄な力が入ってしまい、ケガにつながりかねない危険性も感じた。

 それに、刃と柄の部分が一体型ではないので、隙間に汚れが入り込んでしまって洗いづらいのもマイナスポイント。110円という激安価格ではあるが、やはり包丁は値段に比例するアイテムなようだ。

 シンプルかつ高品質がウリのキャンドゥだが、シンプルはいいとしても、“高品質”という言葉が追いついていないものもチラホラ見受けられた。たとえ110円でも損した気分になってしまわないよう、これらの商品の購入を検討する際は慎重になってほしい。

(文・取材=「買うべき・買ってはいけない調査班」from A4studio)

関連記事