中古車情報メディア「カーセンサー」(企画制作:リクルートマーケティングパートナーズ)10月号では「国産スポーツ車“速”買いランキング(2019年上半期データ)」を特集し、大きな反響があったという。スポーツ車は一般のクルマと比較して流通量が少なく、中古車市場では買いやすい価格になったスポーツ車の人気が高い。そこで、カーセンサーでは「早く買わないと消えてしまう可能性が高いモデルのランキング」を作成した。カーセンサー編集長の西村泰宏氏に、同ランキングの動向などについて聞いた。

国産スポーツ車の「“速”買い神7」とは

――「国産スポーツ車“速”買いランキング」は注目を集めたようですね。

西村泰宏氏(以下、西村) スポーツ車は一般のクルマに比べて全体的に流通量が少なく、高性能なので新車時の価格が決して安くはありません。そのため、買いやすい価格になった中古車の人気が高いのです。実際、この号は売れましたね。

 スポーツ車は、20年前はわかりやすく「馬力」や「速さ」などのスペックが重視されていましたが、今は電動化などにより、その評価基準も多様化しています。そんな時代に、どのようなスポーツ車が好まれるのか。カーセンサーらしい切り口で検証し、すぐに決めないと消えていく可能性が高いスポーツ車が一目でわかるリストを作成しました。その「“速”買い神7」は、次の通りです。

1.ホンダ「シビックタイプR(現行型 FK8型)」

中古車速買いすべき神7!国産スポーツカー編…1位はシビック、2位はスープラの画像1

2.トヨタ「スープラ(80型)」

中古車速買いすべき神7!国産スポーツカー編…1位はシビック、2位はスープラの画像2

3.スバル「WRX(現行型)」

中古車速買いすべき神7!国産スポーツカー編…1位はシビック、2位はスープラの画像3

4.マツダ「ロードスター(現行型 ND型)」

5.マツダ「ロードスターRF(現行型)」

6.日産「スカイラインGT-R(R33型)」

7.日産「GT-R(現行型)」

――それぞれ、ランキングに入った理由をどう分析していますか。

西村 1位のシビックタイプRの中古車価格帯は390万~520万円と高めですが、ユーザーからすれば「この性能でこの価格は安い」という評価です。また、新しいモデルだけに中古車流通量は29台と極めて少ないのですが、1台当たりの問い合わせ数が多いため、いわば早い者勝ちの状態になっています。

 2位のスープラは、昨年5月に17年ぶりに新型スープラが登場したことで、スープラ自体の存在が注目されました。新型はBMWとトヨタの共同開発も話題となり人気を博していますが、同時に昔のスープラに注目するユーザーも増加し、中古車価格帯は120万~550万円となっています。状態にもよりますが、価格は70万~80万円ほど上がったのではないでしょうか。中古車流通量は1年半前は150台でしたが、現在は48台と一気に減りました。

 3位のWRXは、もともとクルマ好きの支持が高いモデルで、昨年の東京モーターショーでも話題になりました。2019年にWRXシリーズのファイナルエディションが発売され、ファンから惜しまれつつフィナーレを迎えました。コアなファンに狙われるいぶし銀で、中古車流通量は263台、中古車価格帯は150万~800万円です。

RANKING
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ