NEW
企業・業界

観光地でも住民を最優先に 観光立国オランダはオーバーツーリズムのタブーを破壊するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

観光地でも住民を最優先に 観光立国オランダはオーバーツーリズムのタブーを破壊するかの画像1

(写真:ユイキヨミ)

 有名なガイドブック「ロンリープラネット」で「2020年に訪れるべき国トップ10」の7位にランクインしたオランダは、九州ほどのサイズの観光立国だ。人口は約1740万人。昨年は、2016万人の外国人観光客がこの国を訪れた(オランダ中央統計局より)。

 このオランダでは今、「オーバーツーリズム」が大きな問題になっている。受け入れられるキャパシティを超えた数の観光客が訪れることによって、地域の環境や住民の生活に悪影響が及び、観光体験の質も下がるという観光公害だ。

 国連世界観光機関(UNWTO)の予測によれば、2010年に9億4000万人だった世界の外国旅行者は、2020年に14億人、2030年には18億人に達する。オランダを訪れる外国人宿泊客も、10年後には2880万人という予測だが、増加率に拍車がかかれば現在の約2倍の4000万人を超える可能性もある。まさに「オーバーツーリズムの世紀」の到来。