生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

 懐かしい国鉄時代の特急列車といえば、381系の長方形の顔を思い出す人は多いだろう。その381系も現在運用されているのは岡山-出雲市間の特急「やくも」のみとなった。しかも、2022年から順次新型車両へ置き換えられるそうだ。「乗るなら今しかない!」ということで、今回は実際に筆者が特急「やくも」に乗ってみたぞ!

あと3年!国鉄時代最後の特急列車381系に乗る

引退まで3年の特急列車381系特急「やくも」に乗ってみた、車内販売はないので事前に確保をの画像1

 381系は、JRがまだ国鉄だった1973年から導入され、中央本線特急「しなの」、紀勢本線特急「くろしお」、伯備線特急「やくも」に採用された。381系には、カーブでも安定した高速走行ができるように“振り子”機構が採用されており、とくにカーブが多い路線で運用されてきたのだ。

 だが、381系は次々と新型車両に置き換えられ、現在では特急「やくも」しか残っていない。その特急「やくも」も1982年から38年以上も使われてきており、2022~2023年かけて新型車両へ置き換えられることになった。つまり、「381系に乗れる機会はあと3年しかない!」ということで、筆者は年末年始を利用して岡山駅に向かい、実際に特急「やくも」に乗ってみた。

 特急「やくも」は、基本的に1時間1本というわかりやすいダイヤになっている。岡山-出雲市間は山陽本線-伯備線-山陰本線を通り、終点出雲市駅までは約3時間の旅となる。381系といえば長方形で縦長の顔が特徴的だが、列車によってはパノラマ型グリーン車を連結している場合もあり、それも見どころのひとつとなっている。

続きは【オトナライフ】で読む

関連記事