作曲賞は『ジョーカー』だったが、この映画は曲に沿ってつくられたのだから、作曲賞は『ジョーカー』以外にあり得なかった。『ジョーカー』という映画は作曲が先行した実に珍しい作品なのである。受賞した作曲家は「発言してください。皆さんの声を聴く必要があります」とテレビの向こう側の聴衆に語りかけていた。受賞者のスピーチの中には、トランプ専横に対する苛立ちがある、と筆者は生中継を見ながら感得した。歌曲賞を受賞したエルトン・ジョンはヤマハの赤い、ド派手なピアノを奏で、自ら『ロケットマン』を唄った。

パラサイト』は格差社会を描いた悲喜劇だが、世界規模で分断が進み、中間層が貧困の半地下に落ちている。現在進行形で急激に進むこうした人々の姿を映画が映し出している。映画の持つ時代性、記録者としての側面、機能が生かされたアカデミー賞授賞式だったと思う。

 数字が高いほど所得格差を示す「ジニ係数」は米国が最も高く、上位1%の富裕層が、米国全体の資産の30%超を一人占めしている。中間層の貧困化が進む米国の大統領選。民主党の急進的な政策を掲げる候補者が、30代を含む若者に熱烈に支持されるのは、切実な理由があるのだ。

 日本アカデミー賞の授賞式が3月にある。毎日映画賞では『新聞記者』が主演女優賞などをかっさらっているが、『新聞記者』が『パラサイト』現象を起こすのだろうか。

(文=有森隆/ジャーナリスト)

関連記事