NEW
ジャーナリズム

神戸教員間いじめ、市教委担当職員が自殺…調査進まぬ東須磨小と市幹部の間で板挟みか

文=編集部
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
神戸市教育委員会のホームページ

 あってはならないことが起きてしまった。神戸市東須磨小学校の教員間暴行・暴言問題で対応にあたっていた同市教育委員会総務課の男性職員が9日、自ら命を絶った。報道によると、一連のトラブルをめぐって市教委には市内外から多くの批判が寄せられていたという。しかし、男性職員は今回のトラブルを起こしたわけでもなく、教育行政の責任者だったわけでもなかった。

教員間いじめ問題で超過勤務か

 9日付の毎日新聞インターネット版は『神戸市教委係長が自殺 教諭いじめ問題で会議運営などを担当 超過勤務も』と題して、次のように報道した。

「9日午前6時15分ごろ、兵庫県芦屋市陽光町の橋の上から男性が飛び降りるのを、県警芦屋署員が発見した。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺とみられる。署と神戸市教育委員会によると、亡くなったのは市教委事務局総務部総務課の担当係長(39)=芦屋市=で、2019年10月に発覚した神戸市立東須磨小の教諭いじめ問題に対応していた」

 同報道によると、妻が男性の置手紙を発見し、110番通報を受けた県警が捜索していた。男性は同市教委総務課の調整担当係長で、教育委員会の会議の運営、教育委員との連絡や調整に関わっていた。19年10月に東須磨小の教諭いじめ問題が発覚後、超過勤務が増え、午前0時ごろまで勤務した日もあったという。

 神戸新聞NEXT(インターネット版)は10日、同日、開かれた神戸市教育委員会会議で長田淳教育長が「特に(神戸市立東須磨小学校の教員による)ハラスメント事案の発生後、事務局の職員には多大なる苦労をかけてきた。労働安全衛生やメンタルヘルスに気を配ってきたつもりだったが、十分徹底できていなかった」と謝罪したことを伝えた。男性の残業時間は、10月は98時間、11月は69時間30分、12月は43時間30分、今年1月は54時間だったという。

 世間に衝撃を与えた事件ということもあり、男性の仕事が困難で厳しいものであったことは想像に難しくない。ただ、どれほどの量の仕事であっても日々できる範囲でこなしていけばいつかは終わるはずだ。にもかかわらず、「超過勤務が必要だった」ということは「納期に追われていた」のだろうか。

調査報告書は年度内に完成する予定だった

 ヒントは昨年12月20日、神戸新聞NEXTが公開した記事『東須磨小問題 調査委の報告書公表「年度内に」』にあった。

関連記事