『パラサイト 半地下の家族』は“世界最高水準の怪物映画”…日本映画界を凌駕の画像1
『パラサイト』オフィシャルサイトより

 韓国のポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』は、第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞、第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門で受賞した。AACTA国際賞、ゴールデングローブ賞、全米映画批評家協会賞、シドニー映画祭、トロント国際映画祭など全世界で賞を獲得している。日本では1月10日に公開され、興行収入は15億円を突破した。

 この現象をどう見るか。韓国の芸能界での仕事の経験もある、クリエイティブプロデューサーから聞いた。

「高台に住んでいる金持ちの家族に、半地下に住んでいる貧しい家族が入り込んでいく。それがテンポよく展開されていくので、誰もが引き込まれていくと思います。同じポン・ジュノ監督の『グエムル-漢江の怪物-』『殺人の追憶』に出ていたソン・ガンホを始めとして、役者さんもとてもうまかったです。

 かなり緻密に組み上がった話で、セリフ1個が違っただけで破綻してしまうような緊張感のある物語を、自然に演じています。女優では、キム・デスン監督の『後宮の秘密』、キム・デウ監督の『情愛中毒』に主演したチョ・ヨジュンが、韓流映画の王道美人として金持ちの妻を演じていました。一方で、パク・ソダムはそうした王道美人ではないですが、一流大学出だと偽って美術教師として入って行く時、理学療法の専門用語を語るところなんか、とてもうまかった。彼女はチャン・ジェヒョン監督の『プリースト 悪魔を葬る者』に出演した際に役のために頭を丸刈りにしたことがあるんですけど、何をしてでも生きていくというタフさを演じていました」

 カンヌとアカデミーでのそれぞれ最高賞、パルム・ドールと作品賞の同時受賞はきわめて異例で64年ぶりだ。

「カンヌにはポン・ジュノ監督もよく行かれていたので、作品的にも合うし、賞を取っても全然おかしくないと思いました。一方アカデミーでは今回、『アイリッシュマン』『ジョジョ・ラビット』『1917 命をかけた伝令』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』とか、アカデミーに合うような作品が候補に挙がっていたので、『パラサイト』が作品賞を取ったというのはビックリしました。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合