【就職支援】33万円支払い就職支援を受ける大企業社員が急増…転職サイトとの違いは?の画像1
「ゲキサポ!転職 HP」より

 2カ月で費用33万円――。これは人気のマンツーマントレーニングジム「RIZAP」の入会金ではない。ある転職支援サービスの料金だ。大学卒就職者の3人に1人が3年以内に離職するといわれる今、転職を経験した読者も多いかと思うが、転職ナビサイトやエージェントで、求職者側がお金を払うというケースは耳にしたことがない。それは有料職業紹介事業の認可を受けている事業者は、一部を除き、求職者から手数料を取ることを禁止されているからだ。

 料金33万円の転職支援サービス「ゲキサポ!転職」は、求職者に直接的に職業や企業を紹介するわけではない。それにもかかわらず、転職を希望する20代の若者から支持を得ているという。いったいどんなサービスなのか。「ゲキサポ!転職」を展開するポジウィルの金井芽衣社長は、サービス内容を「簡単に言うと、キャリアのプロである弊社の専属トレーナーによる“キャリアのマンツーマン・トレーニング”です」と説明する。

“キャリアに寄り添う”ことで既存の転職メディアと差別化

「週に1回、60分のオンライン面談でユーザーの経歴から自己分析を促し、業界分析をもってどんなキャリアを歩むべきなのかをトレーナーがコーチングします。日本ではキャリアには“職業選択”という意味合いがありますが、海外では広義で“人生そのもの”と捉えられているんです。だから、私たちはユーザーの人生に寄り添って、転職希望者にどんな人生を歩めば幸せに生きられるかを提案させていただいています。面接対策などの直接的なアドバイスもしますが、“キャリアに寄り添う”という意味では、私たちはユーザーの転職をゴールだと思っていません」

 繰り返しになるが、企業クライアントを持たないポジウィルは企業を紹介しない。一般的な就活をしてきた人にとってはピンとこないかもしれないが、わかりやすくいうと“転職を軸とした人生相談”との表現が近いかもしれない。

 昨年7月にサービスをリリースしてから約半年で、同社の売上は10倍以上に伸びている。メインの顧客層は、“漠然と転職を望む、高学歴で大手企業に就職した2~3年目の若手社員”だという。若き悩めるエリートは、なぜこのサービスに引きつけられるのか。それは就職ナビサイトやエージェントにはない強みがあるからだと、金井氏は力説する。

転職ナビサイトに登録すると、すぐに数百通もの求人メールが届きますが、なんとなく現状に悩んでいるような、判断材料を持たない人たちは、どうやって仕事を決めればいいかがわかりません。成果報酬型のエージェントも、ユーザーの転職が決まった段階で支払われるクライアントからの手数料が利益になるので、どこでもいいからユーザーに早く転職先を決めさせようとします。そういった状況下で決めた就職先では、再び短期離職を招いてしまうだけです」(金井氏)

 高学歴で大手企業に就職した経歴のある人の場合、選り好みしなければいくらでも仕事はある。だが、それこそが彼らのキャリア形成を悩ませる種になっているようだ。「ゲキサポ!転職」は、そこに関して適切なアドバイスを送るという点が、既存のサービスにはなかったポイントであり、強みだという。

関連記事