NEW
連載
川端理香「惑わされない! 栄養と食の本質」

実は冬こそ痩せやすい…暖房を温度低め&肉・魚・卵食べてカロリー消費量を増やす

文=川端理香/管理栄養士
【この記事のキーワード】

, ,

「Getty Images」より

 何かがきっかけとなり、肉体改造に取り組む方も多いでしょうが、継続することは難しいものです。性格だけでなく、仕事などを含めた日常の生活を大きく変えることはできないため、断念せざる得ないことが出てくることも理由かもしれません。

 意外に思うかもしれませんが、アスリートも同様です。それをどうやって克服しているかというと、目標を明確にすることはもちろん、そこに至るプロセス、理由や理論を明確にすることで継続につなげています。それによってモチベーションを高くキープさせるのです。

 さて今回は、年末年始の暴飲暴食が起こりやすい時期が過ぎて、体重や体脂肪を気にしている方に向けたお話です。人間が太る、痩せるというのは、食事をすることで得られる「摂取エネルギー」と、運動などで使われる「消費エネルギー」の関係で変わります。つまり摂取エネルギーが多くなれば太りますし、消費エネルギーが多くなれば痩せます。とても簡単なことです。

 ただ、ジムに通ってマシンなどで消費エネルギーをチェックしていたり、食事のカロリー(エネルギー)を記録している人はよくご存じのとおり、「こんなに走っても50kcalしか消費しないんだ」「1食で800kcalもあるの?」といったように、なかなかエネルギーを消費するのは難しく、逆にエネルギーは簡単に多く摂取できてしまうものです。

 ここで勘違いしやすいのですが、運動しても消費エネルギーが意外と少ないのは事実ですが、エネルギー消費は運動だけで行われるわけではありません。通勤、洗顔、トイレに行くといった「生活活動代謝」と、じっとしていてもエネルギーが使われる「基礎代謝」、そして食事をすることで栄養素が分解、吸収されることで起こる「食事誘発性熱産生」の3つがあるのです。

基礎代謝と食事誘発性熱産生がカギ

 このなかでもっとも人間のエネルギー消費に関わっているのが「基礎代謝」です。これ約70%も占めているのです。机に座って仕事をする、本を読む、テレビを見るなど、身体を大きく動かさなくてもエネルギーは使われているのです。

 この基礎代謝のエネルギー消費量を上げるには、筋肉量を増やすのが効果的だとよくいわれますが、実は季節も関係しています。気温が高いときよりも低いときのほうが上がるので、冬はじっとしていてもエネルギー消費量が多くなり、痩せやすい時期なのです。

関連記事