NEW
beautyeditor.jp「日本の女性のために!」

ファンデ&パウダー、ムラなくキッチリ塗りは絶対NG!マストな厳選アイテムを紹介

文=大高博幸/ビューティ エキスパート、構成/beautyeditor.jp

 仕事先へ向かう地下鉄の中で、必ずといっていいほど目に留まるのが、ファンデーションやパウダーを必要以上にムラなく均一にキッチリと塗って、「絶対に崩れない」って感じのベースメイクをしている女性たち。それが中間管理職らしき女性に集中しているコトに、僕は以前から気づいていました。

 その90%以上が、(1)地肌よりも白い色のパウダーファンデーションを、(2)顔全体に平面的かつ粉っぽく塗っていて、(3)仕上げに艶やミストをプラスする習慣がないらしく、肌に生命感がありません。さらに、(4)頬紅は会社に着いてから使うのか、血色感もナシというニュアンス……。

 意地悪なヤツとお思いでしょうが、僕はもっと“人間的な生命力のある顔”に仕上げるほうが魅力的だし、仕事も上司や部下とのコミュニケーションも円滑になるはずと考えています。

 今回ご紹介するのは、肌にデリケートな階調・透明感・艶感を与えるカラリングパウダーと、洗練された血色感+立体感をもたらすスキントーンのチークカラー=大人の女性のマストハブアイテムたち。加えて、話題の新作映画×2をピックアップ!

・アンプリチュード  トランスルーセント プレストパウダー 全4種 ケース・ブラシ込み

(6,800円/税抜き<以下同>、3月18日発売予定)

 ほのかな艶感と奥行きのある透明感、肌色補正効果を併せ持つパウダーです。3色をブレンドしてブラシオンするコトによって、肌の繊細なニュアンスを再現。透明なベールを纏ったかのような、キメ細かくフワッとした肌に整えてくれます。01は肌色を明るく見せるクリーム、02は血色感をプラスするピンク、03は肌の赤みをトーンダウンするグリーン、04は落ち着いた肌色に仕上げるベージュ。最後に上段の明るい色をハイライトに、さらに中央のキャラクターカラーを強調したい部分にプラスするコトも可能。

ファンデ&パウダー、ムラなくキッチリ塗りは絶対NG!マストな厳選アイテムを紹介の画像1

・NARS(ナーズ) ブラッシュ 新10色

(3,700円/2月7日より発売中)

 おしゃれな女性たちに大人気のブランドの、アイコン的ブラッシャー(パウダー頬紅)に新10色が仲間入り。華やかなレッドやピンクも見逃せませんが、ここでは肌色に溶け込むベージュベースの5色をピックアップ。いずれも頬だけでなく、鼻すじ・こめかみ・顎先にも一刷毛したくなる色ばかり。パウダーファンデーションをバッチリ塗ったりするのとは異なり、生き生きとしたヌーディフェースがつくれます。

RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合