NEW

LIXIL、創業家一派を完全放逐へ…抗争再燃の火種、“持ち株会社体制解消”の荒業

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 今回、持ち株会社体制を解消し、事業会社LIXILとの合併計画を打ち出した狙いははっきりしている。瀬戸体制を強固にし、潮田派を完全に一掃することを企図している。潮田氏は現在も3%程度の株式を保有する大株主と見られるが、周囲には「学究と趣味に生きたい」と話しているそうだ。しかし、潮田氏がこのまま隠居すると見る向きは皆無。そう簡単に引き下がらないだろう。持ち株会社体制の解消、事業会社との合併をめぐって、一波乱起きるかもしれない。

消費増税は駆け込み需要より反動のほうが大きかった

 LIXILグループの19年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、売上高にあたる売上収益は前年同期比1%増の1兆3964億円、営業利益に相当する事業利益は39%増の517億円、純利益が14.4倍の306億円だった。ドアや窓の建材事業やトイレなどの水回りは国内向けが好調で、米国やアジアの低迷を補った。

 それでも、国内事業では消費増税の影響が出た。会見した瀬戸CEOは「駆け込み需要より反動のほうが大きかった」と分析した。消費増税後の10~12月期3カ月の国内事業は、売上収益が前年同期比4%減の3417億円、事業利益は20%減の226億円だった。20年3月期通期の業績予想は据え置いた。先行きについては新型肺炎など不透明要素が多いためという。売上収益は前期比1%増の1兆8500億円、最終損益は150億円の黒字(19年3月期は521億円の赤字)を見込む。

 瀬戸氏追い落としの口実を与えないためにも、大幅な黒字転換を成し遂げなければならない。6月の定時株主総会に向け、瀬戸CEOと潮田前CEOの最終決戦が始まろうとしている。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合