田中みな実、写真集バカ売れでも人気終焉の予兆…「飽きてきた」「ピーク過ぎた」の声の画像1
田中みな実

 写真集が爆発的な売り上げを記録するなど、快進撃が続くフリーアナウンサーの田中みな実。女性ファンからの支持率も高いが、寄せられるのは称賛の声だけではないようだ。

 田中は昨年12月13日に、自身初となる写真集『Sincerely yours…』(宝島社)を発売した。“大人の色気”を感じさせるランジェリー姿などが大評判となり、発売1カ月半で累計60万部を突破したことでも注目を集めている。

 2月18日放送のバラエティ番組『ザ・発言X ~嫌われから大逆転の秘策告白SP』(日本テレビ系)では、写真集の発売に至った経緯を自ら告白した。彼女は2017年に雑誌「an・an」(マガジンハウス)の表紙で“肘ブラ”を披露して話題を呼んだが、肘ブラの写真を選んだのは、相談相手となったモデルのアンミカだったという。また、田中は写真集のオファーを当初「嫌です」と断っていたものの、アンミカから「やりたかったらやったほうがいいと思うし、やったら絶対売れんで」と後押しされたことも告白した。

 一方、18日放送のバラエティ番組『グータンヌーボ2』(フジテレビ系)では、気になる異性に「電話番号を書いて渡した。ついこの間」と大胆発言。彼女いわく、相手は“仲良くなりたいとずっと思っていた人”で、連絡先を渡した状況について「コソコソやりたくないから、みんなの前で『ごめんね~』って」と振り返っている。

 テレビ出演が続き、人気の高さを見せつける田中。ファンからは「美しさを追及するために努力し続けている姿が素敵」「自分に自信がないと、ここまで表情やスタイルに表れないと思う」と称賛の声が寄せられているが、「なんでもかんでもベラベラ内情を話してしまっていいの?」「人気を持続しようと情報を小出しにしている印象が強くて、あざといイメージが拭えない」「さすがに飽きてきた」「年を重ねたら、今のキャラを続けるのは厳しい気がする」「写真集も売り尽くした感があるし、人気のピークは過ぎたのでは」と不快感を示す人も多い。

 なお、田中は1月9日放送のラジオ番組『ACTION』(TBSラジオ)で、TBSアナウンサー時代の“ぶりっこキャラ”について、パーソナリティの作家・羽田圭介氏から話を振られている。「今も(ぶりっこキャラを)やってます」と言う田中に、羽田氏が「まわりがあまりぶりっこと受け取らなくなった」とつけ加えたところ、田中は「何も変えていないけど、まわりの見方が変わったのかなって」と自身の見解を示した。

 2012年には「嫌いな女子アナ」1位になるなど、悪い意味で目立っていたが、昨今は写真集のヒットなどで勢いに乗る田中。批判的なコメントが寄せられるのも、人気者である証明なのかもしれない。

(文=編集部)

関連記事