ジャニーズ事務所

 ついにあの大物タレントが所属事務所を退所する日が訪れるのか――。

 中居正広ジャニーズ事務所を退所することが近々、発表されるという情報が飛び交っている。中居といえば、リーダーを務めていた人気アイドルグループSMAPが2016年に解散して以降、“事務所独立”報道が絶えなかったが、マスコミ関係者は語る。

「SMAP解散騒動で世間から“戦犯”扱いされた木村拓哉は、今ではコンスタントに映画や連続テレビドラマに出演し、昨年10月期に放送された主演作『グランメゾン東京』(TBS系)も好評のまま終了。今年に入りソロで音楽活動も再開し、今月から始まったライブツアーも大成功を収めた。ジャニーズNo.1の人気グループである嵐が年内いっぱいで活動を休止するという事情もあり、木村は事務所が猛プッシュする“ジャニーズ最重要タレント”という位置づけになっています。

 それとは対照的に、中居は昨年からレギュラー番組が次々と打ち切りとなり、新たに始まった番組も深夜帯や休日の昼など微妙な時間帯ばかり。2004年のアテネ五輪からずっと起用されてきたTBSの五輪メインキャスターの仕事も、今年の東京五輪では外され、もう事務所は中居を積極的には売り込んでいません。完全に“冷や飯”を食わされている状態で、後ろ盾となってきたジャニー(喜多川前社長)さんも昨年亡くなり、事務所内では居場所がなくなっていました。このタイミングであれば4月のテレビ業界の番組改編期に間に合うということで、退所が決まったといわれています」

「早ければ今月中にも、中居本人による会見が行われるという話も出ている」(同)とのことだが、気になるのは今後の身の振り方だ。

「元SMAPの香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎が現在所属するCULENに合流するという報道も以前から出ていましたが、さすがにそこまで露骨にジャニーズにケンカを売るようなかたちは、中居的にもCULEN的にもマズイということで、ある老舗芸能事務所の子会社に籍を置くかたちになるといわれています。この老舗事務所のトップは、生前のジャニーさんとも親交が深く、CULEN代表の飯島(三智)さんのよき相談相手でもあります」(別のマスコミ関係者)

 さらに中居退所と同時に、ある人物の勇退も発表されるのではないかとも噂されている。

「ジャニーさんの姉で昨年9月にジャニーズ事務所の会長に就任していた(藤島)メリー(泰子)さんが、退任するのではないかという情報が流れています。メリーさんも90歳を超え、すでに経営は実娘の(藤島)ジュリー(景子)さんが取り仕切っており、昨年タレントを引退した滝沢(秀明)も副社長として力を発揮しており、名実ともに経営から身を引くということかもしれませんね」(同)

 果たして近々、2大ニュースが発表されるのか。

(文=編集部)

関連記事