NEW
芸能・エンタメ

東出昌大、不倫問題を初謝罪もさらに批判殺到「今さら遅い」「なぜ被害者のような立場で」

文=編集部
【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東出昌大、不倫問題を初謝罪もさらに批判殺到「今さら遅い」「なぜ被害者のような立場で」の画像1
東出昌大(写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 不倫発覚以降、俳優・東出昌大に対するバッシングは収まる気配を見せない。そんななかで「週刊文春」(2月27日号/文藝春秋)に東出の“独占告白”が掲載されたものの、反発は強まるばかりのようだ。

 記事を先行掲載した「文春オンライン」によると、直撃取材を受けた東出は開口一番に「本当に、申し訳ないことをしてしまったと思っております」と謝罪。家族や仕事への思いを尋ねられると、「いま、自分は自分の過ちから、かけがえのない日々を失ったことを実感しています。仕事に関しては…全てを失ったと思います」と答えた。

 そんな東出の告白を裏づけるように、18日配信の「WEB女性自身」では、東出が出演する映画『コンフィデンスマンJP』シリーズの今後について言及がある。5月1日には新作が公開されるものの、不倫発覚により今後のスケジュールがストップになったと映画関係者が証言していたのだ。

 ようやく不倫問題について口を開いた東出だが、ネット上には「全てを失いましたって言うけど、なぜ被害者のような立場で物が言えるんだろう」「取材を受けなければ自分からは何も言わないつもりだったの? 本当に反省しているのか疑問」「今さら遅いし、何を言っても信用できない」などの厳しい批判の声が並ぶ。

 東出への批判が高まった理由として、妻で女優の杏が先んじて謝罪したことも一因になっている模様だ。杏は2月18日開催の「文化プログラム参加促進シンポジウム」に出席した際、「いろいろなことでお騒がせしまして、いろいろな方にご迷惑をおかけして大変申し訳ございません」と騒動を謝罪。合わせて「小さな子どもたちがおります。どうかそっとしておいてください」と訴えた。

 一方、19日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明が杏の謝罪を批判して炎上を招いた。「東出にも謝罪したい気持ちはあるはず」と推測し、小木は東出に先んじて謝罪した杏について「もうちょっと耐えてほしかった」と持論を展開。杏に擁護の声が続出するなか、小木のコメントを受けて「なぜ杏さんに“耐える”必要があるのか」と批判が噴出したのだ。

 なお、19日には、東出と不倫相手の女優・唐田えりかの共演映画『寝ても覚めても』(ビターズ・エンド、エレファントハウス/2018年公開)が「WOWOW」で放送されたことも話題になった。公開時には観客から高い評価を得ていたものの、WOWOW視聴者からは「(東出と唐田が)お互い気がありつつ撮影していたと思うと気持ち悪い」「作品に罪はないけど、もう冷静な視点では観られなくなった」など、嫌悪感を抱いたという反応が多く寄せられている。

 東出が招いた不倫騒動の余波は、一体どこまで広がり続けるのだろうか。

(文=編集部)

関連記事