NEW
連載
枝久保達也「考える鉄道」

鉄道もドライバレス&自動運転へ…JR東日本・山手線が走行試験、JR九州と対照的な方策

文=枝久保達也/鉄道ライター
【この記事のキーワード】

, ,

山手線の車両(「Wikipedia」より/Nimakutetsu)

 2020年は鉄道と自動車の「自動運転元年」になりそうだ。自動車の分野では、昨年改正された道路運送車両法と道路交通法が5月に施行され、公道上で「自動運転レベル3」と呼ばれる条件付き自動運転が可能となる予定だ。

「レベル2」までの自動運転では、システムが加減速やハンドル操作を行っている最中も、常にドライバーが自身の責任で安全を確認しなければならなかった。しかし「レベル3」では、特定の場所、状況に限られるものの、緊急時に運転手が運転操作を引き継ぐことを条件に、システムの責任で運転操作が行われる。これは「レベル4」以降の運転手を必要としない完全な自動運転の実現に向けた画期的な第一歩となる。

 実はこうした自動運転の指標は鉄道にも存在する。それが「GoA(Grade of Automation)」である。「GoA 0」は路面電車などの、安全装置を使用せず、運転士の目視による安全確認の下で行われる運転。「GoA 1」がいわゆる普通の鉄道で、信号装置によって安全を確保して行われる運転。「GoA 2」は地下鉄丸ノ内線や南北線、つくばエクスプレスなど、運転士が乗務しながらも運転操作はATO(自動列車運転装置)が行う半自動運転だ。

「GoA 1」と「GoA 2」では、自動車の自動運転「レベル1」「レベル2」と同様、機械のバックアップ等を受けながら運転士の責任のもとで運転が行われる。つまり、国家資格である動力車操縦者免許を持った運転士が必ず列車の先頭に乗務している必要がある。

 これに対して「GoA 3」は添乗員付きのドライバレス運転、「GoA 4」は一切の乗務員が存在しない無人運転だ。これらはATOが運転の責任を負うため、運転士免許を持った乗務員がいなくても列車を運行することができる。鉄道においても「レベル3」以降が、本当の「自動運転」ということになるだろう。

省令が高いハードルに

 しかし現状、日本国内で「GoAレベル3」相当の添乗員付き無人運転を行っているのは「舞浜リゾートライン」のみ。「GoAレベル4」の無人自動運転を行っているのは「ゆりかもめ」「日暮里・舎人ライナー」「シーサイドライン」「ポートライナー」「六甲ライナー」など新交通システムと愛知高速交通東部丘陵線「リニモ」のみで、一般の鉄道には普及していないのが実情だ。というのは、「鉄道に関する技術上の基準を定める省令」が、自動運転導入に高いハードルを課しているからだ。

関連記事