新型ウイルス肺炎が世界に拡大 横浜港にクルーズ船が停泊(写真:Keizo Mori/アフロ)

 安倍晋三首相周辺は新型コロナウイルスによる肺炎をひそかに“神風邪”と呼んで、当初ほくそ笑んでいたという。「桜を見る会」や「IR汚職」などの問題から世論の関心を逸らせられるからだ。

 しかし、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で感染者が連日増え続け、日本政府の対応に疑問や批判が高まると、“神風邪”はパタリとやんだ。直近の世論調査で内閣支持率は軒並み下落。新型コロナ対応については、政権に好意的な読売新聞の調査でも「評価しない」が52%で、「評価する」の36%を上回った。

 一転して安倍首相が逆風に晒される一方、小池百合子東京都知事神には神風が吹いている。6月18日告示、7月5日投開票が予定されている都知事選において、ますます小池氏が有利になるというのだ。

「新型コロナの感染拡大はいつまで続くか、まったく見当がつかない。早くても終息は4月か5月というから、都知事選への関心は高まらないし、選挙なんてやっている場合じゃない、という空気が漂っている。そもそも自民党は、小池知事に対抗できる候補者のメドがまったく立っていない」(自民党関係者)

 新型コロナウイルスの流行が長引けば、東京五輪・パラリンピックの開催が延期や中止になる可能性も出てきかねないが、その責任は小池氏にはあまり向かないだろう。IOC(国際オリンピック委員会)が五輪のマラソンと競歩を札幌での開催に変更することを決めた際、小池氏は主催都市の知事にもかかわらず、変更を知らされたのは最後だった。大会組織委員会の森喜朗会長と犬猿の仲とはいえ、そのひどい仕打ちは世論の同情を買ったものだった。

「五輪の延期や中止を判断するのは東京都ではなくIOCだろう。『選手や観客の健康を考え』ということになるから、批判は新型コロナ対策が後手後手の安倍政権や組織委に向かうのではないか。むしろ、さまざまな後始末のために小池知事が2期目もやらなければならない、という主張に説得力が出る」(野党関係者)

自民も野党も有力候補不在

 2月18日、東京都内のホテルで、自民党の二階俊博幹事長と東京都連の幹部が会談した。都議会議員で自民党東京都連の高島直樹幹事長と、“東京都連のドン”と呼ばれた前都議の内田茂最高顧問だ。都知事選に向けた自民党の対応を協議したようだが、結論は出なかったという。

関連記事