NEW
相原孝夫「仕事と会社の鉄則」

なぜ織田信長は、何度も自分を裏切った松永久秀を許し続けたのか?究極の“公平な人事”

文=相原孝夫/HRアドバンテージ社長、人事・組織コンサルタント
【この記事のキーワード】

, ,

 結局、忖度をしつつ仕事をするということは、大なり小なり必要であり、重要なことなのだ。そのうえで、誤った忖度が行われないようにするうえでは、部下の優秀さが前提であり、きちんと評価し、育成することが不可欠となる。

冷酷非道さだけではない信長像

 信長も人を見る優れた目を持っていたと言われる。役割を与えて育て、その結果に納得すればさらに重用し、結果を出せなければ古参の重臣でも躊躇なく外す。この時代には珍しく、身分を問わず人材を登用し、合理的かつ公平な人事を行った。そのなかで秀吉や光秀は異例のスピード出世を果たしたのである。もちろん、見ているのは事の結果だけではなく、地頭の良さや教養、センス、統率力などもよく見ていた。

 人の上に立つ人物には、人を見る目が不可欠だが、これがなかなか難しい。企業のなかを見ていても、たいていはプレイヤーとしての実績くらいしか見ていないため、管理職に登用してミスマッチを起こすということが多発している。

 人を見るに長けていた信長は、他の人には見えていない側面も見切っている。信長の家臣に松永久秀という老武将がいる。たいへん狡猾な人物で、何度も信長を裏切るが、その都度許されている。最後はついに自害に追い込まれるが、その際にも信長は、理由を問いただそうと使者を送っている。信長というと、冷酷非道なイメージが強く、裏切りに対しては即刻首を切るように思われがちであるが、そればかりではない。

 久秀は武将であるとともに、優れた茶人でもあり、茶の湯を通した深い教養と洞察力を身に付けていた。信長はそうしたところを買っていたに違いない。また、将軍足利義輝を殺害したり、東大寺大仏殿を焼き払ったりという、神も仏も恐れぬ徹底ぶりが自分と似ていると感じていたのではいかとの見方もある。