NEW
連載
木村隆志「現代放送のミカタ」

『女子高生の無駄づかい』コメディ漫画の実写ドラマ化は成功か?視聴率苦戦もハマる人増殖

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

『女子高生の無駄づかい』コメディ漫画の実写ドラマ化は成功か?視聴率苦戦もハマる人増殖の画像1
金曜ナイトドラマ『女子高生の無駄づかい』|テレビ朝日」より

 このところ、毎年冬は医師や刑事のドラマばかりで重いムードのものが多い。とりわけ今年ほど揃ってしまうと、さすがに視聴者も食傷気味になってしまう。実際、SNSには「もっとカラッとしたドラマが見たい」「何も考えずに笑って見られるものがない」などの声が飛び交っていた。

 その意味で好き嫌いこそハッキリ分かれるものの、笑い、しかも“バカ”に特化することで差別化に成功しているのが『女子高生の無駄づかい』(テレビ朝日系)。「女子高生たちのキラキラとした姿ではなく、ハナクソみたいな現実の日々を描く」という突き抜けたコンセプトは、いい意味で浮いている。

 同作は原作漫画があるほか、昨年アニメも放送・配信され、多くの人々を笑わせてきた人気コンテンツ。しかも「コメディ漫画の実写化は難しい」と言われることもあって、現在でも「イメージと違う」「笑えない」という批判も散見される。

 しかし、「バカバカしいのに、なぜか見てしまう」「時々、声を出して笑っている自分に気づく」などの声がジワジワと増えているのも事実。ここでは、視聴者がハマっているポイントに焦点を当てつつ、コメディ漫画の実写化についても掘り下げていく。

開始6分で3つ目のエピソードに突入

 2月21日に放送された第5話の冒頭シーンは校門。朝の“あいさつ運動”で生徒との交流を図ろうとしている教頭(大倉孝二)の後ろで、ヒロインの“バカ”こと田中望(岡田結実)が反復横跳びをしながら登校中の生徒にあいさつをしていた。

 どうやら、「あいさつをしながら本当の運動もしている(つまり、あいさつ運動)」ということらしい。それを見た教頭は怒るのではなく、負けじと縄跳びをしながらあいさつをするが、“バカ”は腕につけていた重りを外し、スピードアップして圧倒した。

 直後、教室のシーンに変わり、画面右下に「むだげ」というタイトルが表示される。“バカ”は突然、“ヲタ”こと菊池茜(恒松祐里)と“ロボ”こと鷺宮しおり(中村ゆりか)に「ウチ、毛深くなりたい」と宣言。「毛は身を守るために生えているから、心臓を守るために胸毛をボーボーに生やしたい」らしい。

“ヲタ”が「女性は胸の脂肪がクッションになるからいらない」と言うと、“バカ”は「クッションの役割を果たせていない女もいるでしょうが!(自分の胸を指しながら)ココに!」と怒り、「もうダメだ。ウチの体は心臓を守る気がサラサラないんだ……」と落ち込んだ。

 さらに舞台は保健室に変わり、画面右下に「なやみ」というタイトルが表示され、“ヤマイ”こと山本美波(福地桃子)が登場。ここまで放送開始からわずか6分程度であるにもかかわらず、3つ目のエピソードに入るハイテンポが当作の売りとなっている。

 そのハイテンポが意味するものは、欲張って爆笑を狙うのではなく、「ウケなかったら次のネタをどうぞ」という切り替えの速さであり、ハードルの低さと言えるかもしれない。「スベっても、まあいいか」というゆるいムードが常にあるのだ。当作が醸し出す不思議な世界観は、そんなハイテンポとゆるいムードという真逆の要素を両立させたからだろう。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事