コクヨ、ぺんてるへの敵対的TOB失敗、強引手法がアダ…文具業界、敵味方入り乱れ混沌の画像1
「ぺんてる HP」より

 国内文具最大手のコクヨ(東証1部上場)に筆記具大手ぺんてる(非上場)の買収を断念させた、文具大手プラス(同)の社長が交代する。7月1日付で創業家出身の今泉忠久常務(46)が社長に昇格する。父の嘉久会長兼社長(77)は代表権のある会長に専念する。

 嘉久氏は慶應義塾大学卒。米イサカ大学商科修了。家業のプラスに入り1983年から社長を務めた。2008年、実弟の公二氏に社長の椅子を譲り、会長に退いた。公二氏は慶大卒で鹿島建設で修業を積んでプラスに入社。08年、兄・嘉久氏の後任として社長に就任。19年9月、71歳で亡くなった。嘉久会長が社長を兼務した。

 忠久常務は嘉久氏の長男。獨協大学経済学部卒、99年米アクロン大大学院修了。05年、プラスの関連会社アスクルに入社。人事、社長室担当を経て、13年プラスに移り、16年に取締役、17年から常務。プラスの祖業である流通事業部門のトップを務めるほか、人事・企画などに携わってきた。公二社長の時代に、猛烈な勢いでM&A(合併・買収)を進め、筆記具やノートを製造する会社を傘下に収め、メーカーとしての機能を充実させてきた。

 プラスは昨年、壮絶な経営権の争奪戦を2つ繰り広げた。1つは、元子会社だったアスクルの社長解任。もう1つがコクヨとのぺんてる争奪戦である。闘いの渦中で、公二社長が病に倒れ死去した。

 アスクルとぺんてるにどういう長期方針で臨むのか。新社長となる忠久氏の経営手腕が試されることとなる。

アスクル社長をヤフーと組んで解任

 筆頭株主のヤフー(現Zホールディングス)と対立していたアスクルは、19年8月の定時株主総会で岩田彰一郎社長と独立社外取締役の再任を否決した(ヤフーのアスクルへの出資比率は約45%)。ヤフーが消費者向けネット通販サイト「LOHACO(ロハコ)」の事業譲渡を申し入れたことから、両社の関係は急速に悪化。アスクルはヤフーに資本・業務提携の解消を求めた。

 アスクルの母体企業で約11%を出資する第2位株主プラスの今泉公二社長(当時)は、アスクルの社外取締役を兼務。ロハコについては赤字を理由に切り離しを再三、主張。法人向けの通販事業に特化するよう要求してきた。岩田彰一郎社長(当時)は個人向け通販は将来性が高いとして、ヤフー、プラスの要求を拒否。その結果、ヤフーとプラスは岩田社長の再任に反対し、岩田社長を解任した。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ