テレビ朝日(「Wikipedia」より/Wiiii)

 人気ドラマシリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』『相棒』、バラエティ番組『ポツンと一軒家』など高視聴率番組が多数ひしめくテレビ朝日。そのテレ朝は昨年1月、世界的に大ヒットした米ドラマ『24』の日本版リメイク『24 Japan』を2020年に放送すると発表したが、その後、正式なアナウンスはされていない。

「『24』といえば、米テロ対策機関のジャック・バウアー捜査官が凶悪なテロ組織に一人で立ち向かうという壮大なアクションドラマ。その日本版となる作品は、テロの標的が女性総理大臣候補で、初の女性首相が誕生するまでの24時間を克明に描くというもの。この世界的ドラマがテレ朝の開局60周年記念ドラマとしてリメイクされるとあって、当初は大きな話題を呼びました。しかし、その発表から1年経つにもかかわらず、キャスティングはおろか放送日程もいまだ伝えられていません」(マスコミ関係者)

 確かにテレ朝の公式サイトを見ても、放送時期やキャスティングに関する情報はまったく更新されていない。一部の週刊誌が「主演のジャック役に唐沢寿明、日本初の女性首相役に天海祐希が内定した」と報じているものの、その後、続報めいたものはない。

「通常であれば、このような大きなプロジェクトは各部署の幹部には日程やキャスティングなどの通知があるのですが、『24 Japan』に関してはそれがまったく降りてこないのです」(テレ朝関係者)

となると、本当に放送されるのかが心配されるが、テレ朝に出入りする芸能事務所関係者は言う。

「テレ朝がこれだけ大々的に発表したので、放送されないということはないようですが、要は『24 Japan』の“放送枠がない”みたいなんです。今年は7~8月に東京五輪がある関係で、各局とも春と秋に人気ドラマを持ってきます。テレ朝でいうと4月期に木村拓哉主演の『BG2』が決まっており、10月期には定番の『相棒』が内定。ほかにも連ドラ枠の調整が難航しているそうで、現在『24 Japan』を放送する時間帯として空いているのが深夜枠だけなのだとか。

 しかし、深夜枠では“開局60周年記念ドラマ”というにはあまりにもショボくなってしまう。しかも放送は24話と2クール、半年にわたって引っ張らなくてはならないわけで、とにかく調整が難航しているそうです。今のところは放送に向けてあらゆる可能性を探っているため、発表ができなくなっているそうなんですよ」

 放送までのドラマを『24』風に伝えたほうが、面白い作品が生まれるかもしれない。

(文=編集部)

関連記事