NEW
連載
吉川永里子「働くオトナが身につけたい!片づけセオリー」

片づけ下手にオススメの超便利収納グッズ10選!洋服・紙類・小物がスッキリ片づく!

吉川永里子=収納スタイリスト、整理収納アドバイザー
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 片づけはストレスフリーに生きる近道! 元片づけられない収納スタイリスト・整理収納アドバイザー吉川永里子です。

 毎回「片づけ」をテーマに、働くオトナが今よりもっと快適に生きるためのヒントをお届けしています。前回までは、片づけが苦手な方によくある「あるある行動」についてお話ししました。今回はちょっと方向性を変えて、オトナにオススメするスタンダードな収納グッズをご紹介します!

収納の基本は「入れるモノに合わせる」

 片づけが苦手な人に多いのが、片づけようと思い立った時にまず収納グッズを買ってしまうこと……。かつて片づけられなかった私もその傾向がありました。通販カタログやネットでた〜くさんの収納グッズを検索できますよね。

・ベッドと壁の隙間に棚を入れたらスッキリするかな?

・衣装ケースを増やしたら洋服が収まるかな?

・カラーボックスを買い足したらオモチャしまいきれるかな?

なんてふうに、収納グッズを買ってなんとか解決しようとしがちです。

 でもそれは大きな勘違い! 収納グッズ(=外側・ハード面)を増やしたところで、根本の解決にはつながりません。収納グッズを選ぶ時に大切なのは、まず「何を入れたいのか」はっきり決まっていること。次に、入れたいモノの「大きさ」「形状」「量」なども把握する必要があります。洋服を入れる引き出しなのか、文房具を入れる引き出しなのかで、求められる引き出しの大きさ・深さは全然違いますよね? だから、まず必要なモノを選び取る「整理」の作業をして、その後に収納グッズを選んでいきます。今回は場所・アイテム別に、スタンダートで使いやすい収納グッズ10選をご紹介します。

洋服収納にベストな収納グッズ

 改めて洋服収納について考えると、収納方法は「かける」か「たたむ」の2パターンしかありません。また洋服は柔らかいので、たたみ方で大きさを変えることもできるので、収納しやすいアイテムです。

【かける収納】

 洋服をかける場合はハンガーを使いますが、ハンガー選びが重要です。持っている服の肩幅にあったハンガー、重い服には厚みのあるハンガーを使いましょう。また、ネクタイ・ベルト・帽子・バッグなどもかける収納にすると取り出しやすく便利です。

MAWAハンガー

 滑らないハンガーの王様的存在。さまざまな形状・幅・色が揃うので、選びやすい。

ネクタイハンガー

 ぐちゃぐちゃになりやすいネクタイをズボラさんでもサッと取り出せる形状。

関連記事