NEW

定額制居酒屋「定楽屋」がヤバい!どんなに食べて&飲んでも3千円!カクテル72種類

文=A4studio
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「定楽屋 名古屋金山店」外観(筆者撮影、以下同)

「どれだけ飲んでも食べても3000円を超えたお会計は頂きません!」を売り文句に“元祖定額制”を掲げる、「定楽屋」(ていがくや)という居酒屋をご存知だろうか。

 基本的には2時間制で、いくら料理を注文しても、一人3000円(税別、以下同)しか請求されないシステム。仮に4000円分を完食すれば1000円分がお得になるわけなので、自分で料理を取りに行くビュッフェスタイルの食べ放題に比べ、ちゃんと元が取れたのかどうかが単純明快だといえるだろう。

 運営元は京都に本社を構える株式会社Styleで、2018年2月、愛媛・松山に1号店を出店。今年1月現在、北は北海道から南は熊本まで、全国10店舗を展開している。日に日にメディア露出を増やしており、模倣店が出現するほどの反響があるそうだが、首都圏から最も近いのは「名古屋金山店」(愛知県名古屋市中区)なので、まだ世間的な知名度はいまひとつかもしれない。

 そこで今回、名古屋を旅行する機会があった関東在住の筆者は、現地の友人を誘い、実際に定楽屋を訪問してみることにした。たとえ3000円でたらふく飲み食いできても、料理のクオリティが低ければ意味はないし、そもそも2時間制なので、注文してからの提供スピードも気になるところ。果たして定楽屋の実力はいかほどのものなのか、レポートしたい。

メニューは提供が早いもの・遅いものの差が激しい?

 定楽屋の名古屋金山店は、各線金山駅から徒歩約3分の、飲食店が複数入ったビルの6階にある。週末の夜ということもあってか、店内は笑い声に満ちていたものの、21時半の段階で待ち客はナシ。事前に予約しておいた筆者たちは、すんなり入店できた。

 店員から簡単なシステム説明を受けたあと、メニュー表を眺める。料理は「枝豆」(280円)や「たこわさび」(480円)といった定番おつまみはもちろん、サラダ、おでん、焼鳥、揚げ物、〆の麺類&ご飯、デザート、さらには“名古屋めし”まで多種多様。ドリンクもビール、ハイボール、サワー、果実酒、日本酒、焼酎、ワインと一通りのものは揃っており、カクテルにいたっては全72種類もあるようだ。

RANKING

関連記事