NEW
連載
垣田達哉「もうダマされない」

道民に外出自粛要請の北海道知事、自身は首相官邸に出張の“欺瞞的パフォーマンス”

文=垣田達哉/消費者問題研究所代表
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木直道北海道知事のTwitterより

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、2月27日に安倍晋三首相は、公立小中高校と特別支援学校に臨時休校の措置を取るよう要請すると表明。全国の学校現場や子どもがいる家庭、企業を巻き込む混乱が生じ、安倍首相は29日に急遽、会見を開いたが、一斉休校要請を判断した根拠を具体的には提示しなかった。

 本稿では、新型コロナウイルス感染拡大をめぐる一連の政府の対応について、一般の人の会話形式を通じて疑問点を掘り下げてみたい。

※以下、内容はすべてフィクションです。

A「北海道が2月28日、『緊急事態宣言』を発表した。先週末は外出の自粛が呼びかけられた」

B「まるで中国の武漢みたい。北海道は、そんなにウイルス感染が広まっているの?」

A「確かに都道府県のなかで感染者数は一番多く、死亡者も出ている。でも、たった2日間だけ外出自粛を呼びかけても、どこまで効果あるのかわからない」

B「でも、2日間でも外出したら感染する可能性が高いという意味にも受け取られる。北海道に行くことを恐れる人が出てくるかもしれない」

A「素早い対応だと評価する声もある」

B「でも、もし危険ならば、完全封鎖しなければいけないという意見も出てくるのでは? 2日間は北海道に行くことも、北海道から他の県に行くことも禁止にするべきという考え方です」

A「それをすると、本当に武漢になってしまう」

B「でも、外出自粛ということは、同じことではないのかな。2日間で収束するわけではないし、冬の北海道は寒いので、インフルエンザと同じならば、夏の涼しい時期でも新型コロナウイルスは死滅しないのではないか」

A「WHO(世界保健機関)も専門家も、新型コロナウイルスは夏には収まるとは誰も断言していない。緊急事態宣言が発表された場所で、オリンピックのマラソンを開催できるのだろうか」

B「緊急事態宣言の実施期間は3月19日までだけど、2~3カ月間感染者が一人も出ませんでした、ということにならなければ、期間が終了しても、みんな納得しないのではないか。特に外国の人は、マラソンを見に来ないかもしれない」

A「北海道庁は、緊急事態宣言によってどのような影響が生まれるのか、きちんと考えているのだろうか。とても中途半端だし、単なるパフォーマンスに見えてしまう。今まで記者会見の時にマスクしてなかった知事が、緊急事態宣言の時にいきなりマスクしていましたしね」

B「部屋の中でも要注意で自分も感染しているかもしれないから、記者の人にうつしたら大変だからマスクをしたということでしょう。感染している可能性があるなら、それこそ自宅待機すべきという話になる」