【完了】新型コロナ:安倍首相、江川紹子氏の質問打ち切りが物議…大手メディア、事前に質問提出かの画像1
2月29日、新型コロナ対策について会見する安倍晋三首相(AFP/アフロ)

 安倍晋三首相が2月29日に開いた新型コロナウイルスに関する会見が、質問者が多数いたのにかかわらず打ち切られたことが波紋を呼んでいる。フリージャーナリストの江川紹子氏が「まだ質問があります」と食い下がったのだが、安倍首相は降壇し帰宅。事前に“質問通告”していた5問のみ回答し、36分で終了した。

首相は事前に提出された質問の回答を読むだけ

 江川氏はヤフーニュースの個人ページで1日、『新型コロナ対策・首相記者会見で私が聞きたかったこと~政府は国民への説明責任を果たせ』と題する記事を公開。当日の模様を次のように解説している。

「冒頭、首相から19分にわたるスピーチがあった。続く質疑応答は、初めに内閣記者会(記者クラブ)の幹事社2社(朝日新聞、テレビ朝日)の記者から質問があった。その後、他の記者からの質問に移った。私は『はい』と大きな声を上げながら、手を挙げた。しかし、司会の長谷川栄一内閣広報官は、ただの一度も私の方に視線を向けなかった。指名されたのは、NHK、読売、AP通信の3記者。(中略)

 スピーチの間は、首相の前に立てられた2つのプロンプターは、質疑の時間になると下ろされる。首相は、会見台の上に広げられた書面を見ながら質問に答える。複数の証言によると、首相会見では事前に質問者が指名されており、質問内容も事前に提出している、とのこと。会見開始直前に駆け込んできた男性は、佐伯耕三首相秘書官で、彼が提出された質問への回答を用意し、安倍首相はそれを読んでいる、というわけだ」

「首相会見は政府の方針を確認する場」

 こうした記者会見の様子に、首相官邸と官邸記者クラブに対する批判が噴出している。安倍首相は2日の国会審議で、江川さんの質問に答えなかった理由を野党から問われ、「記者とは事前に打ち合わせをしていた」などと答弁し、さらに物議を醸している。

 そもそも日本の大手マスコミにおいて記者会見とはいったいどういう位置づけなのか。全国紙政治部記者は次のように説明する。

「江川さんがいろいろ批判されていますが、そもそも首相官邸の記者会見というのは基本的な政府方針を確認する場です。江川さんも元新聞記者だったらわかるでしょう。会見で驚くべきニュースが出ることはないというのが、多くのマスメディアの共通認識です。首相を含め、閣僚は専門家ではないので、事前に質問通告を出していないと何も答えられません。

 独自ネタは官邸をはじめ、夜討ち朝駆けや政府高官の囲み取材で各社の担当者がネタをあてて引っ張ってくるものです。政府当局者との信頼関係を醸成していった末に、スクープがあるのです。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ