NEW
企業・業界

ウーバーイーツで発生するトラブル、クレーム、使い捨て…日本社会で増える自己責任の「働き方」問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正解のないWEBマガジン~wezzyより】

ウーバーイーツで発生するトラブル、クレーム、使い捨て…日本社会で増える自己責任の「働き方」問題の画像1

前葉富雄氏(ウーバーイーツユニオン執行委員長)

 飲食宅配代行サービスUber Eats(ウーバーイーツ)は、私たちの生活にすっかり定着した。

 宅配サービスを行っていないお店の料理を家にいながらにして楽しむことができるようになり、利便性は増した一方、問題点も指摘されている。

 ウーバー配達員の置かれている待遇の問題である。

 ウーバー配達員は「労働者」ではなく「自営業者」という扱いになるため、労働法上の保護が受けられず、非常に弱い立場にある。

 こうした状況を受け、昨年10月には、ウーバーイーツの配達員による労働組合・ウーバーイーツユニオンがつくられた。しかし、ウーバー側はウーバーイーツユニオンによる団体交渉を複数回にわたって拒否している。

 ウーバー配達員が直面している「働き方」の問題について、ウーバーイーツユニオン執行委員長の前葉富雄氏に話を聞いた。