NEW
ヘルス・ライフ

すぐ作れる!簡単ひな祭り料理レシピ…数日間食べられ”週末ごはん”にも!忙しいママに朗報

文・レシピ=内山由香/管理栄養士、株式会社食のスタジオ
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 せっかく飾ったお雛さま、3月3日が終わったらすぐしまわなくちゃ、と考えていませんか? 

 昔は長く飾るとお嫁にいけなくなる、縁遠くなるなどと言われましたが、それは迷信。なんの根拠もありません。最近は家族で長くお雛さまを楽しむのが主流のようです。

 そこで、お雛さまを飾っている間中、長~く長~く楽しめるレシピをご紹介します。

 忙しいママのために、ローストビーフなどの市販品もしっかり使い、献立にしなくても1品でも2品でも好きなメニューから作る、多めに作って翌日も食べちゃう、週末の料理にする――-などなど、ゆる~く楽しみたい“組み合わせレシピ献立”です。

 女の子のすこやかな成長と健康を願って、今年のひな祭りは、ゆったりとした時間を楽しみませんか。

ローストビーフの洋風ちらし寿司

 魚が苦手なお子さまには、お肉のちらし寿司はいかがでしょうか。日持ちもするので、次の日のお弁当にもぴったりです。トマトを加えてさらに彩りよく仕上げても。

【材料(4人分)】

市販のローストビーフ                150g

グリーンアスパラガス                 2本

松の実  (好みのナッツでも)   大さじ3

寿司飯                             茶碗4〜5杯分

錦糸卵                             40g

クレソン                              1/3束

A

 トマトケチャップ                     大さじ2

 ウスターソース                       大さじ2

  レモンの絞り汁                      大さじ1

【作り方】

(1)ローストビーフは食べやすい大きさに切る。アスパラガスは塩ゆでし、斜め薄切りにする。

(2)松の実はフライパンでから炒りし、ビニール袋などに入れて麺棒などで叩いて砕く。

(3)寿司飯に2を加えて混ぜ合わせる。

(4)器に3を盛り、錦糸卵、(1)、クレソンを盛る。お好みでAをかけていただく。

春野菜のキッシュ風

作るのが面倒なキッシュの生地が、クラッカーとマヨネーズで手軽に作れます。野菜がたっぷりで栄養も摂りやすい一品。余ったら、パンにはさんでサンドイッチにするなどのアレンジも可能です。

【材料(4人分)】

クラッカー                            16枚

マヨネーズ                            大さじ4

 新玉ねぎ                             1/2個

ベーコン                              4枚

パプリカ(赤)                 1/2個

アスパラガス                          4本

スナップえんどう                       6本

バター                               10g

塩 、こしょう                        各少々

卵                                    4個

 A

  生クリーム                          大さじ4

  ミックスチーズ(ピザ用)            50g

  塩 こしょう                 各少々

【作り方】

(1)耐熱容器にバター(分量外)を薄く塗る。オーブンは190℃に予熱しておく。ボウルに卵を割りほぐし、Aを加えてよく混ぜ合わせる。

(2)クラッカーをくだいてマヨネーズと混ぜ、耐熱容器の底にはりつける。

(3)玉ねぎは薄切りにし、ベーコンは1cm幅に切り、パプリカはヘタと種を取って1cm角に切る。

(4)スナップえんどうはヘタと筋をとり、アスパラガスは2cm長さに切る。それぞれ同じ湯でさっと塩ゆでをする。

(5)フライパンにバターを溶かして(3)を炒める。玉ねぎがしんなりしたら(4)を加えて炒め合わせ、塩、こしょうで味を調え、(2)に入れる。

(6)(1)の卵液を耐熱容器に流し入れ、190℃のオーブンで15〜20分ほど焼く。

関連記事